法人税を滞納した際に起こること4つと注意点

法人税

法人税を滞納した際に起こること①:督促状が届く

Glasses 983947 1280

法人税を滞納した場合、最初に督促状が届きます。この督促状は法人税を払ってほしい旨を国が催促するものです。この督促状が届いたなら、迅速に滞納している法人税に対しての対応をして、納付可能であれば納付するといったような処理を行う必要があります。

法人税を滞納した際に起こること②:延滞税が発生する

法人税を滞納すると、延滞税が発生します。この延滞税というのは滞納を防ぐための罰金の役割を果たしているため、非常に高い利率が発生するものです。原則的には、未納の税金額に対して年14.6パーセントの割合で延滞税が発生します。企業にとっては非常に重い負担になるでしょう。

法人税を滞納した際に起こること③:財産が差し押さえされる

法人税を滞納した場合、最終的に財産の差し押さえがあります。督促状が送られてきても何もアクションを起こさなかった場合には、財産の差し押さえというものが発生する可能性があるのです。この財産の差し押さえが発生されてしまうと、その財産の売買や贈与を行うことなどが不可能になってしまうという弊害が発生します。

差し押さえを解除するには法人税を納めるしかない

法人税を滞納した場合の差し押さえを解除するには、原則的に納税などで差し押さえの理由となっている税額を消す必要があります。また、差し押さえに関しては一定の制限があり、その滞納している人や家族が生活出来なくなるのを防ぐため、衣類・寝具・家具・食料などは差し押さえられません。また、事業の継続に必要な機器なども同様になります。

法人税をどうしても払えない場合は救済措置を利用する

法人税を滞納して、どうしても払えない場合には救済措置というものを利用する方法もあります。救済措置としては、滞納者が生活保護を受けなければいけないようなレベルの生活水準だった場合、滞納処分の執行が税務署長の権限で停止される場合があるのです。また、生活に最低限必要なものは差し押さえられません。

法人税を滞納すると信用がなくなるため要注意

法人税を滞納した場合、信用がなくなる場合があります。この信用を無くしてしまうというのは、その後の商売に非常に大きな悪影響を与えるでしょう。信用を無くしてしまうことにより、その後の金融機関からの融資がうまくいかなくなったり、取引相手の企業から経営が苦しいのではないかといったような疑惑をかけられることになります。

法人税を滞納すると財産が差し押さえられたり信用がなくなるため注意が必要

法人税を滞納した場合に起こることと注意点について述べてきました。法人税を滞納すると、財産を差し押さえされる場合があります。また、信用も無くなるため注意が必要です。そして、法人税を始めとした税金全般に言えますが、負担の大きい延滞税の納付は出来る限り避けていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職