保育士の公務員試験に合格するためのちょっとしたポイント

2016年11月29日保育士

保育士の公務員試験とは?

Happiness 824419 1280

保育士が公務員として働くには、各自治体が行う保育士採用試験に合格することが必要になります。それぞれの地方公共団体で年に1回定期的に試験を実施しているほか、不定期に臨時採用を行うことがあります。ただし、毎年必ず募集があるというわけではなく、退職者が出たときなど必要に応じて募集する場合が多いです。公務員の応募は多いので、狭き門となる傾向にあります。

保育士の公務員試験の倍率は高く合格は難しい

公務員は人気のある職業です。保育士も例外ではありません。近年では自治体によって採用枠が増加するところと、減少するところに分かれます。減少する自治体では保育所民営化の流れ、団塊世代の職員の入れ替えなどが一巡し、退職者が少なくなったこと、増えているところは、待機児童解消の対策に寄って保育士不足が要因とされています。採用枠の数に限らず、倍率が高く合格するのは難しいです。

保育士の公務員試験の内容

保育士の公務員試験は通常、一次試験から三次試験まであることが多いです。一次試験は選択方式で専門知識や一般教養が出題されます。作文などが出されることもあるようです。二次支援では面接、ピアノ、適性試験、集団行動観察などの試験内容です。体力測定を行うこともあるようです。内容は各自治体によって異なるので、しっかり確認しましょう。

公務員試験の合格ラインは点数ではなく人数で決まる

保育士の公務員試験において、一次試験合格基準はないとされ、ある程度の人数を二次試験で選考していきます。高得点の人から合格していくので、少しでも高い点数を取ることが必要です。二次試験以降も一次試験との得点を合わせて判断されるので、一次試験においては最低でも、70%以上の得点を取っておく必要があるでしょう。

保育士の公務員試験を合格するには過去問や講座で勉強しよう

一次試験においては一般教養、専門知識、作文などが出題される傾向にあります。一般教養は中学から高校までで勉強した内容です。幅広く出題されるので、過去問をしっかり解いておくことが大切です。何度も解いているうちに出題傾向も見えてくることでしょう。それをポイントとしてコツコツと勉強することが必要です。講座などもあるので受けてみるのも合格への一歩です。

公務員試験の面接で合格するには慣れが必要

筆記試験の後は面接試験が行われます。子どもや親御さんたちとコミュニケーションを取るのが仕事ですから、人物に対する評価が厳しいです。面接では自分の言葉でしっかりと思いを伝えることが大事です。面接は緊張してしまうもの、何度も模擬面接などを行い、雰囲気に慣れておくことが必要です。自分の考えをまとめておくことも合格するには大切です。

保育士の公務員試験に合格するには何度も対策するのが大事

保育士の公務員試験は一次から三次試験まで行われることが多いです。一次試験は教養試験、専門試験、作文、二次試験では面接やピアノ、適性試験などが行われます。一次試験は過去問を繰り返し時、出題傾向をおさえておくのが合格へのポイントです。保育士の公務員試験における面接では、落ち着いて自分の思いをしっかり伝えることです。面接の練習は数多くしておき、雰囲気をつかんでおき、合格を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK