歯科衛生士が公務員になるための試験と働く際のメリット

公務員, 歯科衛生士

公務員の歯科衛生士は県や大学などが運営する病院で働く

Doctor 1149149 1280

歯科衛生士の仕事は歯科医師と共に、患者さんの口腔内の健康をサポートするのが仕事です。歯科衛生士の仕事は歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導という役割があります。それぞれ歯科に関する高い知識や技術が求められます。そんな歯科衛生士の働く職場は主に歯科医院ですが、公務員となれば都道府県や大学などが運営する病院で働け、より深い知識を深められるでしょう。

より深い知識を得られるのが公務員の歯科衛生士

歯科衛生士は歯科に関する深い知識と技術が必要とされます。しかし、公務員となると職場も公的な病院になるケースが多く、より深い知識と技術が求められます。また見識を深める機会も多いので、自分のスキルを伸ばせられるでしょう。働く職場としては、保健所や保健センターなどもあり、虫歯予防の刑務御活動を行ったり、歯の健康を守る指導を行ったりします。

公務員の歯科衛生士になるには?

歯科衛生士として働くには、歯科衛生士の国家試験を受けて合格するのが必要です。そのためには国が定める歯科衛生士養成機関で学ばなくてはなりません。主に専門学校で学ぶようになります。短大や大学で学べます。そのうえで、国家試験を受けて合格する必要があります。さらに、公務員として働くには、試験を受けて合格するのが必要です。

公務員として歯科衛生士で働くには国家試験を受ける

公務員の歯科衛生士として働くには、国家試験を受け歯科衛生士としての資格を取得しただけではできません。さらに国家公務員試験や、地方公務員試験を受けて合格する必要があります。公務員試験に合格すれば、公務員の歯科衛生士として仕事ができるのです。また、国家資格を取得した後に、都道府県や市の職員として国家公務員試験や地方公務員試験に合格すれば、役所や保健所などで公務員として働くことができます。

公務員の歯科衛生士のメリットとは?

歯科衛生士は国家資格なので、一生歯科衛生士として仕事を続ける事ができる仕事です。大学病院や総合病院、保健所や福祉施設など、活躍する場所がいろいろあります。民間企業で歯ブラシや虫歯予防の開発に携わるという仕事もあります。自分のスキルを磨けて、やりがいもある歯科衛生士ですが、公務員として働く事でもメリットが増えるでしょう。

歯科衛生士は公務員になると安定や休暇の保証もある

Charts 925810 960 720

歯科衛生士は公務員となった場合、仕事内容が変わってきます。公務員になると歯の啓蒙活動や指導をする仕事が増えるのです。衛生指導などの相談業務や、歯の健康のための仕事をするようになります。そのため、より深い知識や経験、スキルが必要となります。さらに、公務員となると安定や休暇の保証もあるので、雇用の安定につながるのもメリットでしょう。

歯科衛生士は国家試験に受かると安定した公務員になれるメリットがある

歯科衛生士が公務員になるための試験と、働く際のメリットを見てきました。歯科衛生士は国家試験に合格して、資格を取得する事で一生歯科衛生士として働けるのが魅力です。さらに公務員となると、歯の健康に関する指導者となります。そのため、より深い知識が必要となり、さらに自分のスキルを磨く事ができるでしょう。公務員となれば、給与や休暇も安定するというメリットがあります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職