公務員試験の合格のための勉強法とポイント

公務員

どの区分の公務員試験を受けるのか確認する

Leaves 1076307 1280

公務員試験といっても、いろいろな区分が存在しているため、自分が一体どの区分の試験を受けるのかきちんと決めて合格を目指しましょう。試験内容もそれぞれ異なっているため、勉強法は変わってくるのです。最初に自分が受ける区分を確定しておいて、そのあとに実際にどのようにして公務員試験の勉強をするのか勉強法を考えていきましょう。

受験難易度だけで公務員試験を選ぶべきではない

公務員試験の区分を選ぶ際には、受験難易度だけを見ては決めてはいけません。それぞれかなり仕事内容は異なっています。自分がどのような職場でどんな仕事をしたいのかという点を重視するべきでしょう。たとえ難易度の高い試験だったとしても、そこで諦めるのではなくて、きちんと試験勉強をすれば合格する可能性はあるのです。

公務員試験は教養試験と専門試験がメイン

公務員試験の勉強をする際には、教養試験と専門試験の勉強をまず行うべきでしょう。これらが一次試験となっていて、それに引き続き面接試験が行われるという形式が多いです。したがって、まずは筆記試験を突破しないことには公務員試験の合格は難しいでしょう。たくさんの科目の中から出題されるため効率よく勉強を進めてください。

勉強法としてスケジュールを立てることが大切

公務員試験のための勉強法として、まずやるべきことは勉強スケジュールを考えることです。出題範囲がかなり広いため、計画的な勉強法を行っていかないと、試験に合格できません。注意点として、スケジュールは時間で決めるのではなくて、あくまでも量で決めるべきです。具体的にどれくらいその日に進めるのかを決めておくのです。

勉強法だけではなく絶対的な勉強量が大切

公務員試験にはいろいろな勉強法が存在するのですが、それらの方法論にこだわるべきではありません。どのような方法を選択したとしても、最終的にはきちんと勉強をしなければいけないからです。公務員試験になかなか合格できないという方の中には、そもそも絶対的な勉強量が不足している方がいるのです。その場合は、単独で勉強するだけではなく、専門の指導を受けられる学校や講師の下で指導を受けたほうがいいでしょう。

公務員試験合格のためには捨て科目を作るのもあり

公務員試験では満点を取る必要はありません。合格するために最低限必要となる点数を確保すればよいのです。そのため場合によっては捨て科目を作っても良いでしょう。ただし、問題の内容がどのようなものになるのか予測できないため、なるべく捨て科目は少なくした方が良いです。合格に最低限必要な点数を計算して、その点数を取るための勉強法を意識しましょう。

公務員試験合格のためにはスケジュールや点数を意識した勉強法を行おう

公務員試験を突破するための勉強法はたくさんあります。まずは勉強のスケジュールを考えましょう。合格するために必要な点数を計算して、それを確保するための計画を考えるのです。注意点として、勉強法だけでなく絶対的な勉強時間を確保することも大切です。公務員試験を合格するために努力しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年8月10日転職