カフェバイトの面接を受ける際の注意点と覚えるべき仕事

カフェ, バイト

カフェバイトの面接を受ける際は清潔感のある服装が大事

Coffee 563797 1280

カフェのバイトに応募し、面接を受ける場合は服装や身だしなみに気を付ける必要があります。カフェのバイトは接客業と飲食業の仕事となるので派手な服装や露出の多い服装は避け、襟付きのシャツなどを着用するほか汚れのない靴を履くようにしましょう。女性の長い髪はまとめるようにし、メイクはナチュラルメイクを心掛けるようにします。

基本的なマナーやお礼は忘れずに

カフェバイトの面接を受ける際は店内の飲食スペースで面接を行うことも多く、自店で取り扱う飲み物を提供される場合もあります。提供された飲み物にまったく手を付けないのは失礼に当たるので、面接が終了したあとか話の区切りを見て頂くように心掛けるのが大切です。また、サービスとわかっていても支払いする意思を示すのが基本マナーとなり、支払いを断られた場合はお礼を忘れずにしましょう。

カフェの種類ごとに求められるスキルは違う

面接に合格しカフェのバイトを始めてするなら、カフェと一言で言っても様々な種類があるのを事前に把握しておく必要があります。自分が働きたいと考えているお店はカフェなのか喫茶店なのか、チェーン店なのか個人経営なのか事前に調べておくことで、それぞれの呼び方で変わる仕事内容や実際に働き始めた際に求められる能力などがわかるはずです。

接客業なので言葉遣いや話し方も大切

カフェのバイトは飲食業である他、接客業でもあります。お店の仕事内容を一通り覚えるのは大切ですが、それ以上にお客様に対する対応の仕方が大切です。接客業をするにあたっての基本的な接客用語はもちろん、言葉遣いや話し方に気を付ける必要があります。また、敬語を使い慣れていないと、自分では丁寧に敬語を使っているつもりでも誤った使い方をしてします可能性があるので注意しましょう。

コーヒーの淹れ方や特徴を勉強しておくのがおすすめ

カフェのバイトをする場合は、慣れるまでメニューを覚えることも大変になってきます。特にコーヒー好きな人以外は似たような名前で紛らわしいドリンクメニューが多いため、それぞれの飲み物の特徴や違いについてしっかり把握しておきましょう。更にコーヒーの淹れ方なども様々な種類があるので、おいしく飲めるコーヒーの淹れ方やメニューによっての淹れ方を勉強しておくのをお勧めします。

メモを取る癖をつけると早く仕事が覚えられる

他の仕事を行う場合もそうですが、特にカフェでバイトをする際はメニューやコーヒーの淹れ方など覚えることがたくさんあります。バイトを始めたばかりだとそれに合わせて仕事の流れも覚えなくてはならないので、出勤する日の間があまりにも空いてしまうと前回覚えたものを忘れてしまいやすいでしょう。そのため、慣れるまでは出来る限り出勤日の間が空かない様にシフトに入ることをお勧めします。また、教えてもらったことはその都度メモを取る様に心掛けるのが大切です。

カフェバイトは接客の基本やコーヒーの淹れ方など覚えることが多いのでメモを取るのが大事

一見おしゃれに思えるカフェのバイトは働いてみると覚えることもたくさんあるので、勉強するのはもちろんシフトが出来るだけあかない様に出勤して仕事に慣れていきましょう。また、メニューに似たような名前のものも多くあるので、それぞれの違いを把握しておくのも大切です。カフェのバイトは接客業になるため、お客様に対する言葉遣いや対応に気を配る必要もあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月12日転職