バイトに行きたくないと感じる理由と対処法

バイト, モチベーション

バイトを始めて間もない頃は行きたくないと思いがち

A

バイトに慣れていないと、行きたくないと思いがちです。仕事をしても上手くいかず、先輩や上司から叱責を受けるのであれば、誰だってバイトに行きたくないと思うでしょう。しかし、こうした状況と言うのは、長く続くものではありません。私達は、大抵の物事に慣れることができますし、毎日地道に繰り返していれば、作業内容も覚えられるはずです。

バイトとしての仕事内容に関心を持つと早く覚えられる

もしバイトが上手くいかずにバイトに行きたくないのであれば、仕事内容を覚えるように気合を入れましょう。自分のやるべき事として、しっかりと自覚を持つのです。そうすれば、仕事に関心を持たざるを得なくなるので、覚えも早くなるでしょう。バイトに行きたくない時には、頭を切り替えてバイトの仕事に関心を持ってください。

バイトに慣れて働く意義を失うと行きたくないと思う

私達は、どのような物事にもいずれは慣れてしまう生き物です。それはバイトとしての作業をしやすくなるメリットにもなり、便利な仕組みと言えるでしょう。しかし、見方を変えると、作業への関心を無くしてしまうのにも繋がるのです。バイトに慣れると働く意義を失い、段々と行きたくない時が増えてきます。バイトに慣れた場合の倦怠感を解消するには、働く意味に目を向けなければいけません。

給与が貰えなくなった場合を考える

なぜバイトをするかというと、お金を稼ぐために他ありません。バイトに慣れると、いつも通りに同じ仕事を繰り返し、自動的に給料が振り込まれる生活になります。そうなると、自分が給料を稼いでいるという自覚が薄れ、お金のありがたみを実感できなくなるのです。「もしバイトを辞めてお金が無くなったら」という状況をはっきりと意識すれば、バイトに行きたくない気持ちは薄くなるでしょう。

将来への不安もバイトへ行きたくない気持ちを生み出す

将来への漠然とした不安から、バイトへ行きたくないと思う時があります。こういう時には「いつまでもこのバイト続けてもいいのかな」「もう○歳になってしまった」という、ネガティブな思いに包まれるものです。しかし、何かあてがあるならともかく、あてが無い場合にバイトを辞めるのは危険と言えます。こうした思いに囚われるのは、余り良い状況を生み出しません。

バイトを辞めた後の未来を想像してみる

バイトを辞めたら、毎日のきつい起床時間から解放されるため、昼過ぎまで寝るようになるかもしれません。そして「折角バイト辞めたのだから今は休もう」と思い、何ヶ月も働かなくなるものです。すると、次のバイトを探す時に、とてつもない労力が必要となります。ですので、バイトに行きたくない気持ちが強い場合は、具体的に辞めた後の未来を想像してみましょう。そうすれば、行きたくない気持ちも少しは和らぐはずです。この際、目標を持って何か別の道を探すなら、現在のバイトのシフトを減らしてもらって行動するのも良い選択肢となります。

慣れない・将来が不安などの理由でバイトに行きたくない時は仕事に関心を持つ・将来を考えるなどで対処しよう

バイトに慣れていない頃は、ミスも多く叱られるので、行きたくないとも思うでしょう。この時には、仕事を「自分のやるべき事」と意識して集中してください。そうしてバイトに慣れると、今度は働く意味を見失います。そういった際には、しっかりと労働によって給与を稼いでいる点を自覚しましょう。将来への不安からやる気自体が無くなって行きたくない時は、具体的な将来像を描いてみてください。その結果、自分なりの選択肢を選んで行動すると良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職