キャッシングの返済を延滞してしまった際のリスク

キャッシング

キャッシングの延滞を繰り返す人にはペナルティが課せられる

Bank note 209104 1280

キャッシングが身近なサービスとなった上で実際に利用者が急増した結果、本来返済すべき借入金を何らかの理由から返済しないまま放置してしまう方も依然として多く存在しています。期日があらかじめ決められているにもかかわらず借入金を返済しない行為について、ローン会社をはじめ信用状機関など業界全体で延滞という言葉を用いており、延滞行為を繰り返す人には一定のペナルティが課せられます。

キャッシングの延滞のペナルティはブラックリストへの掲載

いわゆる延滞行為をキャッシングサービスで利用する上で、繰り返し行っている利用者は、資金を提供するローン会社から見て大変悩ましい存在です。本来、返済すべき借入金を期限までに納めないばかりか、繰り返し督促をしても滞納した分の支払いにも応じないため、こうした悪質な延滞を繰り返す契約者に対し、ローン会社では以後、キャッシングなど同様のサービスが利用できないよう特定のリストを作成した上でそこに延滞者を記載しています。このリストのことを、ブラックリストと呼称しており、ここに掲載される事自体が非常に厳しいペナルティと見なされます。

納付期限から62日を越えて返済に応えない場合は延滞と見なされる

キャッシングサービスを利用した契約者の内、毎月の期限までに所定の借入金の一部に当たる返済金を納めない延滞行為を繰り返す顧客に対し、ローン会社では非常に厳しいペナルティを様々な形で課しています。顧客の延滞行為の認定については所定のルールと条件があらかじめ設定されており、この条件やルールに該当する顧客のことを延滞者と認定しています。ペナルティを伴う延滞行為と見なされる条件については、納付期限から62日を越えて返済に応えない場合が当てはまります。

61日以内の延滞でも繰り返しはNG

62日以上にわたる納付期限越えに対して延滞行為と延滞者であることを認定する条件が設けられていますが、61日以内であれば延滞者として認定されないというわけではありません。基本的に顧客の故意ではない納付忘れに対応するため、61日以内の未納付に対しては速やかな納付を求める督促で対応する一方、たとえ61日以内の延滞行為であったとしても、過去に2回以上同様の行為がある段階で悪質な延滞行為と見なされ、ブラックリストへの記載など厳しいペナルティが課せられます。

最終的にはキャッシング利用停止や強制解約処分になる

ローン会社から繰り返して延滞している借入金の返済を求める通知や督促を受けたにもかかわらず、62日以上にわたって延滞状態を解消しなかった場合、ブラックリストへの記載と共に、更に厳しいペナルティが次々に適用されます。まず、遅延している延滞金の額に応じ一定の利息を課す遅延損害金という名目での追加費用がプラスされる形で請求されます。更に延滞金の返済を速やかに行わない場合には、キャッシングや他のローンサービスの申請と利用が停止される他、最終的には会員資格自体が停止し、強制解約という手続きが採られます。

一定期間にわたって全ての金融サービスが利用できなくなる

62日以上にわたる長期延滞行為に対して課せられる信用情報へのブラックリスト掲載というペナルティを始め、遅延損害金や強制解約など、厳しい処分が次々に適用されてしまいます。また、解約されたからといって延滞金が全て帳消しになるわけではなく、必ずローン会社から何らかの形で請求されます。場合によっては損害賠償請求へと至る可能性もあるので、安易な判断は禁物です。また、ブラックリストへの掲載が行われた段階で、たとえ他社であったとしても、同様のキャッシングやローン商品の利用自体が一定期間にわたって全て拒絶されてしまうのも、延滞に課せられた厳しいペナルティの1つに当たります。

キャッシングの延滞行為には程度に応じ利用停止やブラックリスト登録など様々なペナルティがある

手軽に必要な資金が融資されるキャッシングサービスも、お金を借りるという行為に違いはありません。お金を借りる側として、借りたお金を返すという行為にも誠意が求められますが、期限が過ぎたにもかかわらず返済すべき借入金を返済せず放置したままでいると、延滞行為と見なされ、ルールに基づいた様々な厳しいペナルティが課せられます。最終的には同様の金融商品の利用自体が制限されるので、こういった厳しい結果とならないためにも、借り入れたお金は正しく返済するよう心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス