キャッシグ審査にフリーターが通りやすくなるコツ

2016年11月29日キャッシング, フリーター

フリーターは消費者金融の方がキャッシングしやすい

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8 s

フリーターでもキャッシング審査が通りやすいのは、銀行より消費者金融です。銀行は基本的にどこも安定収入と雇用形態を重視しやすい傾向にあるため、フリーターだとなかなか高額や長期的なキャッシングは成功しないケースが多いのです。消費者金融の方が、そのあたりに柔軟に対応してくれるところが多いですし、返済プランも充実しているところが多いですね。

信頼度が高い消費者金融の利用がおすすめ

フリーターがキャッシングを利用したい場合は、審査が通りにくい銀行より、消費者金融の方がおすすめです。競合が多いので、様々なターゲットに適合するため、フリーターや学生向けのキャッシングサービスを展開しているところも多いですよ。ただし、信頼できる消費者金融を利用するのは忘れないようにしましょう。口コミや利用者からの評判は細かくチェックしてください。

長く働いているフリーターほどキャッシングは有利

フリーターの中でも、キャッシングが通りやすいのは「ひとつの職場で長く働いている人」です。その方が、アルバイトやパートといった形式であっても、定期的で安定した収入があるとみなされるため、返済に関しても信頼を得やすい傾向にあります。審査の段階で職場を尋ねられたら確実にこたえなくてはいけませんから、キャッシングを利用したい人は、長く腰を据えて働けるアルバイト先を見つけましょう。

ひとつの職場に腰を据えている人ほど借りやすい

フリーターでも、ひとつのアルバイト先で長く働いている人は、キャッシング審査に通りやすい傾向にあります。アルバイトを辞める可能性が低く、返済能力をなくしにくい、社会人として一定収入を確保するスキルを持ちやすいと判断されるのです。勤務先のリーダーとして働けている人なども、キャッシング審査に通りやすい傾向にあります。

必要な分だけキャッシングする

一口にキャッシングと言っても、実は様々な種類のものがありますし、金額も幅広いです。「どうせ借りるなら」と思ってたくさんキャッシングを申し込んでしまう人がいます。しかし基本的に、必要な分だけ借りるのが、安定した確実な返済のための理想条件です。金額が低いキャッシングほど、フリーターでも審査を通過しやすいですよ。

返済がすぐに済むものを選ぶ

フリーターがキャッシングを申し込む場合は、必要な最低金額だけにした方が審査を通過しやすいでしょう。ローンは通りにくいけれど、期限も近く一回で返済が完了するタイプのキャッシングであれば、アルバイトやパートの人でも比較的通りやすいです。必要な分だけ借りて、すぐに返済するようにしていれば、信頼も出来るのでその後のキャッシングも成功しやすくなります。

消費者金融に必要な分だけキャッシングを申し込むのがおすすめであり長く勤めるフリーターの方が有利

フリーターであっても、長くひとつのアルバイトやパートを続けていて、これまでの返済経歴も安定したものであれば、審査を通過することは十分可能です。あとは、借りやすいキャッシング先を見つけることですね。銀行よりは消費者金融の方が借りやすいです。ただし、借り過ぎて返済が遅くなってしまったりすると、その後のキャッシングが難しくなってしまうので気を付けてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK