消費者金融からキャッシングを行う際のポイント3つ

キャッシング

消費者金融からのキャッシングのポイント①:即日融資

J

消費者金融からキャッシングする際は、即日融資がポイントとなります。即日融資とは、申込をした日のうちにキャッシングができることです。明日が請求日という場合や、今日断れない用事がある時など、即日融資を活用できるシーンは多くあるでしょう。消費者金融は申込から借入まで、1時間程度で行える可能性もあります。

WEBで申込をして無人契約機でカードを受け取るとスムーズ

消費者金融からキャッシングするのであれば、WEB上で申込をして、審査終了後に無人契約機に足を運び契約を行い、借入をするのが最もスムーズです。通勤途中や昼休憩などにキャッシングの申込と審査を済ませておけば、帰宅途中の無人契約機で借入ができます。消費者金融からキャッシングをするのであれば、無人契約機を上手に活用しましょう。

消費者金融からのキャッシングのポイント②:無利息期間

消費者金融からキャッシングをするのであれば、無利息機関も活用したいです。無利息機関は、初回借入のみ30日間以内の完済で、利息が0円になるサービスを指します。1ヶ月以内に完済できる可能性があるのであれば、この無利息期間を使わない手はないでしょう。消費者金融からキャッシングする際は、よく覚えておいてください。

短期返済なら金利が0円になるので積極的に活用するべき

キャッシングする際に金利ばかり気にしていると、利息を無駄に払わなければならない可能性もあります。消費者金融よりも銀行のほうが金利は安いのですが、もし1ヶ月以内に完済できる可能性があるとすれば、消費者金融の無利息期間を活用したほうが良いでしょう。上手に利用できれば、利息自体が0円になります。短期返済ができるのであれば、金利ではなく、こういったサービスへの着目も大切です。

消費者金融からのキャッシングのポイント③:銀行への借り換え

消費者金融からキャッシングする際は、借り換えも念頭においておくべきです。上述下通り、消費者金融の金利は高く、実質年率18.0%が一般的です。銀行の15.0%と比較すると、決定的に違いがあると言えるでしょう。そのため、消費者金融からキャッシングをするのであれば、適切なタイミングで借り換えを考えたほうがお得となるのです。

返済に時間がかかりそう場合には銀行に借り換える

消費者金融からキャッシングをした場合に借り換えをするのは、借入金額が大きく返済が長期に渡る場合です。高額融資の場合は、月々の返済に無理がないように少額返済になります。少額返済になれば、返済が長期期間かかるので、利息の負担が大きくなってしまうのです。そのため、もし返済が長期に渡りそうなのであれば、消費者金融よりも利息が低い銀行に借り換えるほうが良いと言えるでしょう。

消費者金融からのキャッシングでは「即日融資」「無利息期間」「銀行への借り換え」がポイント

以上、消費者金融からキャッシングを行う際のポイントをご紹介しました。消費者金融では、申込をしてその日のうちに借入できる「即日融資」ができます。また、利息が一切発生しない無利息期間もあるので、短期返済の方にはオススメでしょう。しかし、返済が長期期間になりそうであれば、早めに銀行へ借り換えるのも検討すべきです。自分の状況に合わせて、キャッシングを行ってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス