金欠を賢く打破!キャッシングの利用方法と注意点

キャッシング

キャッシングとは消費者金融を利用して借金すること

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8 s

キャッシングとは、銀行やクレジットカードや消費者金融を利用して、お金の借入を行うことです。借入額は契約内容と審査により決められます。また、借入には審査に通過する必要があります。利用可能額はローン会社によって異なりますが、最高800万円までの融資が可能な会社もあります。金欠を乗り越えるだけの場合は、高額な融資を依頼せず返済可能な金額を借りましょう。

キャッシングはすぐにお金を借りられる

金欠時にキャッシングのメリットは、最短1時間以内でお金が借りられることです。正社員でなくても、一定の収入があれば誰でも借入可能なので、金欠の主婦やアルバイトの方でも申し込み可能です。短期間の借入なら無利息のローン会社もあり、高額な返済額を請求される心配もありません。また、キャッシングへの申し込みによって自宅への郵便物の送付や電話もないため、家族に知られずに借入できます。パソコンがあればネットで手続きを行えるキャッシングもあり、簡単に金欠状態を脱出できます。

キャッシングは口座振込か直接受け取りかで手続きが違う

Sokuzitu

キャッシングの利用方法は、口座振込を希望する場合と、直接現金を受け取る場合によって異なります。口座振り込みの場合は、インターネットや電話窓口で申込みます。また、直接現金を受け取る場合は、金融窓口やコンビニで申込みが可能です。キャッシングの返済方法は借入申請時に一括にするか分割と分割回数を決めます。少額の借入なら、翌月に一括で返済するのをおすすめします。

当日に必要な場合は3つのポイントを覚えておく

金欠でどうしても急にお金が必要な時は、申込み当日に融資可能なキャッシングを利用しましょう。キャッシング選びの際は、

・迅速な審査を行ってくれる会社を利用する

・希望融資額を最低限にする

・WEB申し込み後に無人契約機へ行く

という、3つのポイントを参考に選びましょう。3つのポイントを考慮すれば、ローン会社の審査が簡易審査で済む場合が多く、即日発行されるキャッシングローンのカードを使って、その場でお金の借入が完了します。

キャッシングを利用する際は金利を必ず確認する

キャッシングする際は、返済時の金利を確認して借入を行いましょう。金利が30日間は無料という消費者金融も近年増えていますが、一般的に消費者金融の金利は17%から18%です。金欠を回避ためにお金を借りたのに、さらに返済額を増やして再び金欠にならないよう気を付けましょう。

返済方法も、どのタイプのキャッシングを利用するかによって異なります。銀行のキャッシングは翌月に一括返済が基本ですが、クレジットカードや消費者金融のキャッシングは一括か分割返済を選べます。分割の場合は、金利を上乗せした金額の返済となりますので、なるべく完了までの期間を短く設定するのをおすすめします。

大手でキャッシングすれば1ヶ月は利息がかからない

Aiful murisoku

お金を借りようと思った時、これまでにキャッシングを経験していない人であれば「どこで借りればいいの?」という疑問が浮かぶことでしょう。

この場合は「大手の金融機関で借りる」が正解です。テレビCMをたくさん流しているプロミスアコムアイフルといった金融機関がそれです。名前くらいは聞いた事があるという人がほとんどではないでしょうか。

上記で紹介した3社は、初めての人に限り「30日間は利息ゼロ」で利用することができます。各社でちょっとした利用条件はあるものの、ほぼ適用可能と考えて問題ありません。早い段階で返済できるアテがあるなら、ぜひ活用してみてください。

キャッシングを使わずに節約するのも1つの方法

金欠だからといってすぐにキャッシングを利用するのではなく、日頃から節約することも金欠状態を回避できる効果的な方法です。金欠にならないためにはお金の管理を行い、無駄遣いを省き、使えるお金を増やしましょう。お金の管理は、家計簿アプリを利用すると簡単に収支を把握できるのでおすすめです。

また、通信費や食費や保険料などを見直すことで数千円は使えるお金が増えます。例えば、コンビニでの買い物の回数を減らしたり、外食を控えてなるべく自炊をしたりすることで簡単に食費が節約できます。キャッシングは最後の砦と考え、それ以前に自分でできる金欠回避策を試してみるのも1つの方法です。

キャッシングは口座振込か直接受け取りかで手続きが違い金欠時に利用する時は金利の確認を必ず行う

簡単にお金の借入が可能なのは金欠時に便利ですが、返済方法や金利に注意して無理のないように行いましょう。一時的な金欠であれば、高額な金額を借りる必要はありません。キャッシングの目的を明確にして利用するのをおすすめします。

また、金欠にならないために日頃から節約を行うなど、お金の使い方や管理の仕方も見直しましょう。キャッシングで金欠を乗り切って、翌月はしっかりお金の管理をして金欠にならない努力をしましょう。

また、お金の知識は将来的に絶対に必要になるものです。お金を借りるのは、悪いことでも何でもありません。記事内で紹介した金融機関であれば、30日間は利息がかからないので、借りた分だけ返せばOKです。社会経験の1つとして利用してみるというのも悪くありませんので、検討してみてはいかがでしょうか。

もし急ぎでお金が必要なら

キャッシング業界では「申し込みをしたらその日に借りられる」というのが常識になっています。いわゆる「即日融資」というもので、早ければ最短1時間で手元にお金が届きます。

以下では、即日融資に対応してくれていて、かつ30日間の無利息期間が使えるキャッシングサービスを紹介します。

キャッシング最大手の「プロミス」


プロミスの特徴

◆金利4.5%~17.8%(実質年率)
◆即日融資の可能性あり
◆最大融資額:500万円
◆無利息期間サービスあり(初めての利用かつ、メールアドレスを登録し、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した場合)

◆WEB完結申し込みできる可能性あり
※対象金融機関は200行以上あります。

超がつくほど有名な「アコム」


アコムの特徴

◆金利(実質年利):3.0%~18.0%
◆即日融資の可能性あり
◆最大融資額:800万円
◆30日間金利0円サービスの(アコムでのご契約がはじめてで、なおかつ返済期日「35日ごと」で契約した場合のみ)

使いやすさに定評のある「アイフル」


アイフルの特徴

◆金利:4.5~18.0%(実質年利)
◆最大30日間の無利息期間あり
◆最大融資額:500万円
◆即日融資の可能性あり

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月12日転職