仕事に飽きた時に知りたい効果的な対策4つ【保存版】

ルーチンワーク

仕事に飽きたと感じてしまう人は、かなり多いのが実情です。たいていの人は「それが仕事だし」と割りきってしまうようですが、せっかくなら楽しく仕事をしていきたいところです。 また仕事で結果を出す人のほとんどは、仕事のなかに楽しみを見出しているというアンケート結果もあります。仕事の質を高めるうえでは、「飽きた」と思う機会をなくしていく必要があるといえるでしょう。

仕事に飽きやすい人の特徴

最初はどんな仕事も楽しいものですが、だんだん年数がたってくると仕事に飽きてしまうことがあるようです。しかし、「仕事が飽きた」なんて職場の人には相談できません。解決方法を探るために、なぜ仕事に飽きるのかを一緒に考えていきましょう。まずは仕事に飽きた と感じやすい人の特徴を紹介します。

Tsuyoshi 2 tp v

器用貧乏

器用貧乏とは、なんでも器用にこなす一方、際立って得意な能力がない人なんでも器用にこなす一方、際立って得意な能力がない人のことを指す言葉となります。こういった器用貧乏な人は、仕事をある程度のクオリティで達成できますが、毎日の業務がルーチンワークになりがちです。 仕事は期待以上の成果を出して、初めて認められるという面が大きいです。突出した能力のない人は仕事で大きな結果を残せず、毎日の仕事に「飽きた」と感じてしまうことが多いようです。

好奇心が旺盛

Cat 1365643 1280

好奇心が旺盛な人は、新しいことをどんどん知りたくなるものです。しかし、会社に 数年間勤めていると、なかなか新しい出来事というのは起こりにくくなります。そんな時に新しい業種や分野に興味を持ってしまうと、好奇心が旺盛な人は、自分のやっていることがつまらないと感じてしまうようです。

向上心がある

向上心がある人も仕事が飽きたと感じてしまいやすいです。大手企業で働いていれば、向上心のまま突き進んでどんどんキャリアアップすることができますが、中小企業となるとそうはいきません。古くから勤めている社員を抜いて、出世することがなかなかできませんし、キャリアアップしても望んでいる待遇が用意されない場合もあります。 自分の思い通りにならないことが多すぎて、向上心がある人は仕事に飽きたなと感じてしまうようです。

仕事に飽きたと感じる場面

Yuki150321550i9a4447 tp v

仕事に飽きやすい人の特徴を紹介しましたが、上記の性格以外の人でも、仕事に飽きたと感じてしまうシーンがあります。では具体的にどんなシーンで飽きてしまうのかをみていきましょう。

①仕事の質がアップしない

仕事に慣れてくると、段々と要領がよくなってきて「何時までにコレを終わらせる」という考えだけの仕事スタイルになってしまいがち。時間に縛られた仕事をしていると、だんだんと何のために仕事をしているのかわからなくなるでしょう。 そうした思考のままだと仕事の質が一向にあがらず、仕事に面白みも見いだせないため、仕事が飽きたと感じてしまう人が多くなります。

②目標がピンとこない

仕事につきものなのが、“目標”ですが、この目標に共感できていないと、仕事を頑張ろうという気持ちが湧いてきませんよね。たとえば、達成するのが現実的ではない目標を設定されたり、曖昧な目標を設定されたりするときなどです。目標に共感できないまま仕事をしていると、自分が「この仕事をして何に貢献しているか」ということも見いだせなくなるため、仕事に飽きた と感じてしまうでしょう。

③上司に憧れがない

職場の上司というのは、会社が社員に提供する将来像です。「キミも頑張ればこんなポストにつけるよ」と会社から紹介されている上司が、よれよれの背広を着て毎日深夜まで残業している人だとしましょう。間違っても「こうなりたい」とは思いませんよね。 この仕事をいくら頑張ってもあんな上司にしかなれないんだ、と考えてしまうと今やっている仕事が馬鹿らしくなり、飽きてしまうそうです。

飽きやすい仕事って?

Al0012 kaigicyuukokkuri20140722 tp v

仕事の中には毎日新鮮な気持ちで取り組めるものもあれば、ルーチンワークで飽きやすいものもあります。もし今取り組んでいる仕事に飽きたと感じた時は、自分が飽きやすい仕事をしていないか確認してみるのもいいでしょう。

一般事務

一般事務は書類作成や電話対応を主な仕事にしており、企業で働く人のサポートという役割になります。もちろん人から感謝される場面も多いので、やりがいを感じやすいのですが、毎日同じ仕事をしているため、飽きてしまう人が多いようです。

プログラマー

Pak88 tetuyaakenosyain20141123141151 tp v

プログラマーはシステムの仕様書を元に、情報をプログラミングしていくのが主な仕事内容になります。最初は自分の手でモノを形にしているので、面白みを感じる機会が多いですが、慣れてしまうと「これって本当に自分じゃなきゃいけないのかな」と思ってしまうこともあるそうです。 そのため、「自分にしかできない」という責任を感じにくくなるため、どうしても仕事に対して真剣になれないという意見が多いです。

工場勤務

工場での仕事は日本の生産を支えるために無くてはならない仕事ですが、中での仕事は究極のルーチンワークです。生産物によっては数時間同じ動作を続けなくてはならないこともあり、自分が機械になっているような気もしてしまうんだとか。 また工場勤務は、なかなかキャリアップの機会に恵まれず、運良くキャリアアップできたとしても、ルーチンワークの種類が変わるだけです。そんな環境だと、たしかに仕事に飽きてしまいそうです。

仕事に飽きないようにする対策

Green floppy20141024222628 tp v

飽きやすい仕事についていたとしても、「飽きたから辞める」とはいかないのが社会の常識です。仕事に飽きたとしても自分から対策をして、仕事の質をあげられるようにしていきましょう。

①目標を決める

先述したとおり、仕事には明確な目標が必要です。もし会社から提示される目標に納得がいかなかったら、自分で設定してしまうのがいいかもしれません。 その際のコツは、「自分ならなんとか達成できるかも」という目標値を決めることです。努力や工夫しなければ達成できない目標値を設定してこそ、仕事に面白みを見出す ことができるようになるでしょう。

②リフレッシュする時間をとる

あまりにも仕事に一辺倒になってしまうのも、オススメできません。たまにはリフレッシュする時間を作って、息抜きをしてみましょう。適度にリフレッシュをしておくと、仕事で使える新しいアイデアが生まれる可能性が高まります。 新しいアイデアが仕事に活き、成果につながるとだんだん仕事が楽しくなってくるはずです。そうすれば、仕事に飽きたなんて考えることもなくなるでしょう。

③目の前の仕事に全力を出してみる

D0011 udemaku20140830150104 tp v

どうせ結果は見えているし、仕事を頑張る気になんてならない。自分の仕事に諦めモードとなってしまっている人もいるかもしれません。しかし、そんな人ほど目の前の仕事に全力を出してみるべきです。 一度仕事に全力で取り組めば、自分の期待以上の成果が出るかもしれません。そうしたら、上司に認められる好機になります。反対に期待以下の成果ならば、自分の業務の中で問題点を見つける機会になるでしょう。その問題点を解決するように行動すれば、仕事の質もあがってより深く楽しめるようになるはずです。

④ダラダラ仕事をしないようにする

仕事が飽きたと感じるのは、ダラダラと仕事をしているのが原因かもしれません。業務をダラダラ進めると、いつまでたっても仕事が終わらず退社時間がどんどん遅くなります。 何にでも言えることなのですが、メリハリというのは質を上げたり 、モチベーションを上げたりするのに効果的です。仕事をする時間は集中力をもって作業すれば、仕事が飽きたと考えることもなくなるでしょう。

対策しても仕事が飽きたなら

Pak75 nayamutaiyou20140823091652 tp v

全部対策してみたけど、どうしても仕事に飽きた。そう感じてしまったなら、思い切って自分の環境をガラリと変えるのが有効でしょう。

起業してみるのは?

仕事に飽きたと感じるのは、仕事の自由度が原因かもしれません。そんなときは、起業を考えてみましょう。起業は言葉ほど難しいものではありません。最近の起業はノートパソコンとネット環境さえあれば済むものが多く、学生のうちから起業している人もいます。 法律面でのサポートも、国や支援団体が行っているセミナーを受講すれば知ることができるので、仕事に飽きることなく刺激的な毎日を送りたいならオススメの方法です。

フリーランスなら飽きることはない

Pak73 mbasawarukey20140312 tp v

フリーランスも起業するのと同じく、自分で仕事を決めることができます。複雑な手続きが必要ない分、起業よりも簡単かもしれません。 今の時代フリーランスもネット環境が必須となります。フリーランスの仕事は、企業がクラウド上で発注している仕事を受注するのが主流になっており、参入の難易度はとても低いです。自分の休みたい時に休んで、働きたい時に働く。そんな生活に憧れるなら、フリーランスの仕事はおすすめです。

転職して刺激的な仕事を

起業もフリーも安定性に欠けるからちょっと。そう思ってしまう方は、やはり転職が一番の道かもしれません。しかし、転職サイトの求人票を見ただけでは仕事内容がつかめず、不安に思ったことはありませんか?そんなときは、転職エージェントを利用しましょう。 転職エージェントであれば、企業に直接訪問調査もしているので、どんな仕事内容なのか詳しく把握しています。エージェントに「どんな仕事をしていたら飽きてしまったのか」を伝えることで、自分が心から熱中できる仕事を紹介してもらうことも可能でしょう。

仕事に飽きたと感じたら自分の意識を変えて対策しよう

いかがでしたか? 仕事が飽きたと感じてしまう時のサインと、対策方法でした。仕事に飽きたと感じてしまう時は、上記の対策をためしてみることで改善するケースが多いですが、中にはどうしようもない場合があります。 そんな時は無理して続けるよりも、がらっと環境を変えてしまうのがおすすめです。仕事は楽しみながらやったほうが、質も上がりますし人生が豊かになります。みなさんも、仕事に飽きたと感じたら、ぜひ参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月12日転職