パイロットの具体的な仕事内容となり方

2017年7月24日パイロット

パイロットの仕事①:安全に人と貨物を運ぶこと

Plane 50893 1280

航空会社で働くパイロットの役割は、旅客機を操縦し目的地まで安全に人と貨物を運ぶことになります。フライトを無事に終える為にパイロットはコックピットに座って飛行機を操縦するだけでなく、関連する色々な業務をこなす必要があります。パイロットは出発前に関係者と共に打ち合わせを行い、気象データや空港の状態等を確認します。航空機の整備状況や燃料、飛行高度等についてもチェックをします。

パイロットの仕事②:飛行データ入力や計器類の確認

パイロットはコックピットに入った後も燃料確認、機器への飛行データ入力、計器類の確認やエンジンスタートの準備を副操縦士と共に分担して行います。その後、離陸の指示を出す航空管制官との無線通信、客室内の客室乗務員と連携し、全ての準備が整えば離陸となります。着陸後は飛行日誌を作成しフライトの振り返りをします。その後、整備担当者に機体の状態を連絡してパイロットの一連の仕事は終了となります。

パイロットのなり方①:学校へ通う

D0e4fb2c421355a5

パイロットのなり方として、事業用操縦士の資格が取得できる大学や専門学校に通うことが1つ挙げられます。2年間の期間で資格取得が可能な専門学校やアメリカに留学して訓練を受けることが出来る大学もあるようです。また、航空大学校に通いたい場合は、短大あるいは専門学校を卒業するか、大学で2年以上学ぶことがパイロットのなり方として必要になります。

他にも航空会社で養成を受けるなどパイロットのなり方は様々

パイロットになるには、上記で挙げたほかにもいくつかの方法があります。例えば、民間の航空会社に就職後、その会社独自の養成訓練を受けたうえで国家資格を取得するケースが挙げられるでしょう。他にも、パイロット養成をおこなう専門学校や大学への進学、宮崎県に本拠地が置かれている航空大学校での講習もパイロットになるには有効な方法です。

パイロットのなり方②:国家資格を取得する

パイロットのなり方として、パイロットに必要な資格について紹介します。パイロットに必要な能力以前に必ず必要とされるのは資格です。国家資格として、定期運送用操縦士や事業用操縦士に合格する必要があります。また、資格を取得すればOKではなく、半年毎に更新する必要があるので、資格を維持する為には技能審査と身体検査が必要になります。

パイロットには健康な肉体も求められる

パイロットのなり方において国家試験の技能審査は、運航中にエンジンや計器に故障があった場合の対処等をシュミレーターを使用して審査されます。そして、身体検査でチェックされるのは運動機能や感覚器官、身体全般になります。いわゆる運航に必要な視覚や聴覚だけではなく、心臓や血管などの循環器までチェックされるのです。パイロットのなり方以前に、健康で体力があることが何よりも大切かもしれません。

安全に人と貨物を運ぶ仕事をするパイロットには学校へ通うというなり方が一般的

パイロットのなり方についておおまかに紹介してきました。パイロットになるにはなり方を把握するだけでなく、パイロットに必要な能力や素質といった適正も問われてきますので注意が必要です。例えば、パイロットは今起きている問題に対して瞬時に判断し、安全に飛行機を運航する能力が重要になります。ですので、常に周囲に気を配り状況把握出来る能力が必要になります。パイロットのなり方を参考に、国家資格取得を目指してがんばりましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月24日ビジネス

Posted by BiZPARK