プレゼンの”魅力UP”が狙えるタイトルのつけ方3つ

タイトル, プレゼンテーション

良いプレゼンとは何かを知っておこう

Gf01a201502261100

まずは、そもそも良いプレゼンとは何かを知らなければ、印象に残るプレゼンが何かを知らなければ、覚えてもらうためのタイトルもつけられないですよね。なので、そこに関して調べてみました。

コミュニケーションの基本要素は必要不可欠

プレゼンでは、

「自分はどんな印象やインパクト与えているのか」

「相手にどう自分を印象付けるか」

「望む結果にどう繋げていくか」が重要となります。

良いプレゼン、分かりやすいプレゼンというのは、インパクトも重要ですが、コミュニケーションの基本的な要素が十分に検討されています。もちろんプレゼンの状況設定にも、コミュニケーションの基本要素の検討は必要不可欠です。

知識を身に着け観客の立場になろう

良いプレゼントとは、観客の立場になる事であり、プレゼンしたいものの知識をつける事、熱意と情熱を持って話す事など様々ですが、何より重要視していくべき事があります。

それは、とにかく観客を惹きつけ、納得させ、感動させる事が出来るインパクトがあり、印象に残るプレゼンの仕方だと考えます。

プレゼンではタイトルの付け方が重要

プレゼンにおけるタイトルは、聞き手の関心をつかむための第一歩です。

例えば、幾つものプレゼンが重なっていたとします。一番気になるタイトルの資料を一番上にしませんか?物事はどうしても優先順位が付きます。人となりがわからない聞き手に、自分のプレゼンを聞いてもらう。

そこにはタイトルの力があるのです。その為、タイトルの付け方は重要視すべき項目だと言えるのです。

内容が良く分かるタイトルを

最初のシートに、タイトル、所属、名前を示します。

この時のタイトルの付け方として、内容が良く分かるタイトルを付ける事が重要になります。パッと見てその内容がわかるタイトルの付け方であれば、見る側もこれから行うプレゼンの内容を把握できる為、ここは重視すべきポイントです。

聴衆はタイトルを手掛かりに発表を選ぶ

タイトルはプレゼンのもっとも重要な要素の一つですが、以外に気を使ってつける人は少ないです。

なぜタイトルの付け方が重要なのかというと、学会発表では、聴き手はプログラムの中から、タイトルを手がかりに、どの発表を聞くか考える為ために つまらないタイトルでは、プレゼンの中身がうまく伝わらないどころか、聴衆の関心を失わせることにもつながります。それだけタイトルの付け方は重要なのです。

タイトルで関心を引くためのコツ

Gf01a201501311300

プレゼンにおいてタイトルは、気持ちを惹きつける上で重要な部分である事はわかって頂けたと思います。

では、プレゼンでのタイトルの付け方から関心を引くコツは何なのでしょうか。タイトルの付け方のコツに関して調べてみましたので、見ていきましょう。

数字を使用して興味を仰ごう

タイトルに数字を入れる付け方というのも、プレゼンタイトルにインパクトを持たせる上で重要となります。「2つの△△」といったタイトルの付け方にするだけで、興味や好奇心を仰ぐ事ができるため、プレゼンのタイトルには数字を入れるべきでしょう。

また数字を表示する事により、説得力が生まれます。

これによって、プレゼンを聞いている途中で飽きてしまう聴衆も少なくなるのではないでしょうか。

「コンパクトでインパクト」なタイトルを!

プレゼンで、「コンパクトでインパクト」なタイトルの作り方や見出しが作れないという事は、プレゼンを通して伝えたい事やその構造が定まっていないという事です。メッセージ化はもちろん、それを試みる行為自体も、ドキュメントの質の向上に貢献するはずです。

タイトルに情報を詰め込みすぎない

■タイトルに入れるべき情報

・取り組んだ問題

・着眼点

・研究対象

■タイトルの付け方で気をつける事

・具体的に書く

・取り組んだ情報と着眼点を明確にする

・情報を詰め込み過ぎない

・情報をわざと伏せない

プレゼンのタイトルは数字を用いてコンパクトでインパクトな付け方を!

いかがでしたでしょうか。今回は、覚えてもらうための、プレゼンでのタイトルの付け方に関して紹介しましたが、プレゼンで、聞き手とのコミュニケーションや話し方なども重要です。ですが、意外とこのタイトルづくりを軽視している傾向にあると、思いますので、今回の事を参考にしてより良いプレゼンができるようにしていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス