プレゼンで緊張しないための効果的な5つの方法【あがり症】

2017年6月29日プレゼンテーション

緊張する主な3つの原因

11939e19dfbb8cee

個人差はあるものの、人は緊張する生き物です。プレゼンという、社内でも一世一代の発表の場において、緊張で失敗する事態は避けたいもの。まずは、緊張する原因から確認しておきましょう。

原因①元から緊張しやすい性格

そもそも、日本人の約8割が元から緊張しやすい性格をしています。恥を極端に恐れる日本特有の文化が、緊張しやすくしてしまったのでしょうか。人前に立つと緊張のあまり心臓はバクバクし、うまく話せなくなってしまうのです。

原因②恥をかくかもしれない不安

極端に恥を恐れる日本の文化で育ったため、失敗を恐れる傾向が強い人が多いです。プレゼンや発表会など、人前に出て注目される場でミスをしてしまう恐怖と恥ずかしさから、不安な気持ちを抱いてしまいます。緊張する原因を特定できたからといって、明日からすぐに緊張しなくなるわけではありません。頭では理解できても、心と体は急には変われないからです。現代社会は緊張する場面が溢れています。

プレゼンで緊張しない方法①リハーサルを入念にする

Cabaret 639110 960 720

あがり症の人がプレゼンで緊張しないための方法は、リハーサルを十分にしておくことです。リハーサルの前に一度プレゼン原稿を完成させたら、その内容を大体頭に入れて、棒読みにならないようにします。リハーサルではおじぎをするところから、出す声の大きさや、視線などにも工夫をしましょう。プレゼンで緊張しないための方法を実践し、自信があるように見せる準備をするのです。

リハーサルは納得できるまで繰り返す

プレゼンで緊張しないための方法で大切なのは、リハーサルを自分が納得できるまで繰り返すことです。大抵は3回やれば十分とされています。何か不安に思うことがあれば、その都度補強してください。準備は念入りにするほど、当日の精神的負担は減り緊張から解放されますよ。

プレゼンで緊張しない方法②人前に出る恐怖心を捨てる

Gf01a201503290000

あがり症の人の多くは自分は人前に出るとあがってしまい、パニックになって失敗する、という自己暗示をかけています。おそらく成長過程のどこかで挫折した経験があるのでしょう。しかし、もう大人なんだからそんなものは捨ててください。思い出してほしいのですが、これまで「失敗した人」を何人覚えているでしょうか。多くの人は自分の失敗には敏感ですが、他人の失敗には無頓着なことが多いのです。失敗しても、どうせ誰も覚えていない、というくらいの気持ちで挑んではどうでしょうか。プレゼンで緊張しないための方法で重要な、余計な自己暗示は捨てて、成功するというイメージを持ちましょう。

自分が成功するイメトレを欠かさない

プレゼンで緊張しないための方法では、成功するイメトレをすることをおすすめします。リハーサルを重ねる中で、当日の会場のイメージもしながら、自分が堂々とスピーチをしているシーンを想像してみましょう。イメトレのおすすめの時間は就寝前です。人間は寝ている時間に記憶を整理しているため、寝る前に良いイメージをすると自然と潜在意識に入っていきますよ。

人前で震えることがないくらい自信を持つ

イメトレを重ねることで、少しずつ自信が沸いてきたのではないでしょうか。それが根拠のない自信でも構いません。「失敗したらどうしよう」という、弱い意志をねじ伏せる材料にさえできればそれでいいのです。無意識におこる体の震えが止まるほどに、自分を過信しましょう。

プレゼンで緊張しない方法③原稿を丸暗記しようとは考えない

Map 846083 960 720

あがり症の人がプレゼンで緊張をしてしまう最大の理由は完璧主義です。自分では違うと思っていても、完璧主義に悩まされている人は少なくありません。プレゼンでは用意した原稿を一字一句暗記しようとせず、大体の流れを頭に入れて、ちょっと位は失敗しても趣旨が通ればOKと考えて臨みましょう。

完璧を求めるあまりかえって緊張してしまう

あがり症でプレゼンが怖いという人は、できれば失敗なく上手くやりたい、という気持ちが少し強い傾向にあります。その気持ちの強さが余計な緊張を招くのです。少しくらい失敗があって当たり前と思ってください。緊張して失敗しても、その中でベストを尽くすと腹を括ることで、成功が近くなります。

プレゼンで緊張しない方法④会場に味方を忍ばせる

Ninjas 637755 960 720

プレゼンで渾身のギャグをかましたつもりなのに、誰も反応しない。話の内容を間違えたときの、「なにやってんの」という空気感に耐えられない。これらも失敗としてトラウマになってしまいます。 そんな問題を解決する方法があります。それは、プレゼン会場に味方を忍ばせておくことです。

滑っても笑ってもらうように打ち合わせを

面白いことを話したにも関わらず、会場が静まり返っているという状況に恐れを抱いてしまう人は多いです。しかし、同僚という名の伏兵を潜ませていれば話は別。くだらないギャグに対して笑ってもらうようにしてください。 笑いは伝染していき、会場は笑いの渦に巻き込まれるでしょう。これで会場の空気も和やかなものになるはずです。

プレゼンで緊張しない方法⑤全体の流れを頭と体で覚える

Mood 1335737 960 720

イメージトレーニングや原稿の暗記も大切ですが、最後にしておくべきことがあります。それは、全体の流れを頭と体で覚えてしまうことです。「習得」というよりも、「体得」に近い感覚でしょうか。プレゼン全体の流れを体で覚えることで、ミスを格段に減らせます。 その結果として、緊張することも少なくできるのです。

人前で緊張しない究極の方法は未来を予測すること

人が緊張するのは先が見えない不安感からです。プレゼン前に抱いていた不安も、終わった後にはすっかりなくなってしまいますよね。それは、無事に終了した未来にたどり着けたからです。可能であれば、プレゼン前から終了後の未来を予測できるようにしましょう。予知能力者でなくても、上記で紹介した4つの方法を駆使することで、割と簡単にできますよ。

あがり症や赤面症の治し方は開き直ること

Woman 1447087 960 720

人前に出ると緊張してしまうあがり症や赤面症の人は、もう開き直るしかありません。緊張している自分なんてバカバカしい!と思えるくらいの感覚で大丈夫です。直前に迫ったプレゼンもあえて他人事のように思うことで、当事者としての緊張感から開放されます。自己暗示が原因で緊張してしまうとしたら、自己暗示でそれを克服することもできるはず。つまりマイナスに働いていた思い込みの力を、プラスに働かせるのです。

適度な緊張感だけは残しておく

プレゼン前の対策を万全にできたとしても、ある程度の緊張感だけは残しておいてください。緊張感がなければ何を伝えたいのか分からない、ダレたものになってしまう恐れもあります。自分を律して責任感を忘れないためにも、僅かに残った緊張感を有効活用してみてくださいね。

プレゼンで緊張しない方法はリハーサルを入念にして自分の考え方を改める

あがり症の人がためすべきプレゼンで緊張しない方法は、リハーサルを繰り返すこと、自己暗示をかけないこと、完璧主義を手放すことです。とくに、リハーサルは具体的にできる一番の対策です。納得できるまで当日の状況をイメージしながら行いましょう。 また。失敗するというネガティブイメージを捨て、上手くやろうと思いすぎないことです。そうすれば、無駄な緊張から自由になれるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年6月29日ビジネス

Posted by BiZPARK