CFOになる為に必要な資格と仕事内容

最高財務責任者

CFOとはいったい何?

G001 back0520140830122923500

CFOとはChief Financial Officerの略で最高財務責任者の事を指します。CFOは企業の資金調達・運用といった財務・経理分野の最高責任者で、財務に関する業務を統括し、会計、予算、信用取引、保険、税、資金の財務に関する職務に対して責任を負うといった仕事内容を持つ役柄です。

会計やファイナンスの知識はもちろん、事業会社での経営企画・事業企画の経験や経営管理分野の知識全般が必要とされる専門性の高い役職で、公認会計士やMBA(経営学の修士号)の資格を必要とするケースもあります。

世界と日本のCFOの違い

英国ではほぼ全員が会計士の資格を持っており、アメリカでも過半数が会計士で占められます。日本の場合、外資系企業においては、米国公認会計士、あるいは公認会計士、MBAの資格を持ち、会計事務所での勤務経験がある人物が外部から招聘されてこの職につくことが多いです。

その一方で、日本企業においては、経理・財務部門で経験を積んだ人物が、内部昇格によって就任するケースが多くあります。必要な資格はありませんが、CFOの概念が普及している海外においては多くの人が会計士の資格を取得しており、財務・経理に関する幅広い知識が求められる役職です。

CFOの仕事内容

CFOとは、欧米型の企業統治体制を取っている会社の役職名で、日本の会社では、まだあまり一般的ではない部分があります。簡単に言うと、会社のお金の流れを握る立場にある人の事で、部門ごとに利益が上がっているか、上がっていないか、をチェックし、経営方針を鑑みつつ、資本をどのように分配するかを財務面から戦略的に勧めていく事が、CFOの仕事内容になります。

CFOの仕事内容をこなすためには豊富な知識と経験が必須

CFOの仕事内容をこなしていく上で、グローバルな活動を展開していくためには、ネイティブとの対話が可能なレベルの英語力が必要ですし、財務に関する基本的な知識やノウハウ、マーケティングに関する知識に精通している必要があります。

目の前にある数字のひとつひとつにどういった意味があるのか、分析していくことも重要で、数字から未来を予測し、経営戦略にどういかしていくのか考える必要があります。

CFOに必須の資格はない!

上で紹介したように、日本でCFOになるには必ず持っていなければならない資格はありません。逆に言うと、公認会計士やMBAの資格を持っていても、タックスプランニング(法人税等の発生の計画を立てる事)に卓越していなければなることができません。

CEOの相談相手になることもCFOの仕事内容

CFOは、数字的な面からコスト構造の分析、新規事業の収益性の分析といった戦略的な計画立案プロセスに関して意見するだけでなく、CEOのよき相談相手である事も仕事内容の一部です。数字の面で冷静な判断をする一方で、人を相手どった活きたやりとりをする事も求められる難しい役どころと言えるでしょう。

CFOになる為には資格より、仕事内容を理解し知識と経験をつけること!

日本においては、CFOはあまり認知されていない役職である場合が多いです。しかし、成長企業に必要不可欠な役割である事も事実。企業の未来に目を向けた活動をするとき、CFOの仕事内容が重要になってくるでしょう。CFOを目指そうと思うのであれば、財務部門に関する知識と経験を増やし、CEOに信頼される人になることが一番の近道かもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス