社会的地位の高い仕事と評価される職業

2016年11月29日職業

社会的地位の高い仕事と評価される職業①:大学教授

2587158059 7b111cb02a o

社会的地位の高い仕事として評価されている職業には大学教授があります。大学教授が社会的地位の高い仕事であるという評価は、ほとんど世界中で共通しているでしょう。そもそも、日本とは違い発展途上国などでは、大学という研究機関にはそれこそ選ばれし一握りのエリートしか入学できません。そのような最高の研究機関で教鞭をとる大学教授はまさに学術界の権威であり、その社会的地位の評価はすさまじいものがあります。

社会的地位の高い仕事と評価される職業②:医師

社会的地位の高い仕事として評価されている職業には医師というものがあります。病気にかかった時、けがをした時にその苦しさから患者を解放してくれる医師という存在は非常にありがたい存在だと評価されているでしょう。その高度な知識も相まって医師という職業は世界中で非常に社会的地位の高い仕事であると評価されているものになります。

社会的地位の高い仕事と評価される職業③:会計士

社会的地位の高い仕事として評価されている職業には、会計士という職業を挙げることもできます。会計という仕事自体が高度な専門的知識を必要とする職業だと評価されています。したがって、この会計という専門的知識を高度なレベルで身に着けている会計士という職業については社会的評価もおのずと高まってくるのは自明の理です。

社会的地位の高い仕事と評価される職業④:弁護士

社会的地位の高い仕事として評価されている職業には弁護士があります。古代ローマの昔から弁護士という職業は貴族などの上流階級の人々が目指す、大変社会的評価の高い職業でした。現在でもそれは変わらず弁護士になるための司法試験は日本のみならず世界中のほとんどの国において非常に難関試験となっています。

社会的地位の高い仕事と評価される職業⑤:パイロット

社会的地位の高い仕事として評価されている職業にはパイロットという職業があります。このパイロットという職業は目指す人はたくさん存在しますが、実際にパイロットという職業に着けるのは厳しい訓練を受けて、さまざまな条件をクリアしてきた一握りの人材だけになります。飛行機という高度な専門的機械を操るパイロットにはそれ相応の社会的評価が与えられています。

社会的地位の高い仕事と評価される職業⑥:政治家

社会的地位の高い仕事として評価されている職業には政治家があります。今でこそ汚職のニュースや失言のニュースなどもあり、評価が下がっている部分もありますが、昔から政治家という職業は、憧れの職業と評価されるケースが多くみられました。また、現代でも政治家は、その地盤地域には純然たる力を持っており、一種の権力者のような状態になっている場合もあります。したがって、社会的地位の高い仕事であるということができます。

社会的地位の高い仕事と評価される職業には「大学教授」「医者」「弁護士」などがある

上記の記事では社会的地位の高い仕事と評価される職業についてまとめて記載してきました。このようにして社会的地位の高い仕事とされる職業を見てくると、パイロットという職業以外は古来から社会的地位の高い仕事とされているものばかりになります。人間の時代は進んでも尊敬を集める職業というのは大きくは変化していないというのが分かります。もしこれから仕事を見つけたり、職業選びに悩んでいるなら、社会的評価を意識してみると良いかもしれませんね。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK