「当方」の意味とビジネスメールにおける使い方

当方, 敬語

当方のビジネス上での意味は「自分の属している方・自分の方・こちら」

Keyboard 621832 1280

そもそものビジネス上での意味は「自分の属している方。自分の方。こちら。」と言う意味です、そして反対語は「先方」です。意味から分かるように自分が属している部署やグループの一人称として使用されます、また最近では誤用ではありますが自分自身のことを指す場合も使われることがあるようです。会社組織で働いている以上、個人として仕事をしているわけではないのでビジネス文書で私は使えないと言う発想から個人を表す単語としても使われるようになったようです。

当方は自分が所属している会社や部門を表すために使う

正式な交渉前に、担当者間でビジネスメールのやり取りをする際など会社同士のやり取りに発展していない場合には取り引き先担当者に対して、あなたが所属している会社や部門を表すために当方を使用します。正式な交渉が始まった後には、あなたは会社や部門の代表としてビジネス文書をすることになるので所属している会社を表すためには弊社を使用すると良いでしょう。

個人を表す一人称としては使えない

当方を利用する場合にどういった点に気をつければよいのでしょうか、まず第一には自分の所属している方を表す言葉ですので、自分の所属会社内でのメールには使用しないほうが良いでしょう。また、意味の箇所で説明をいたしましたが個人を表す一人称としての当方の使用は誤用になるので使用しないほうが良いでしょう。意味と使い方にしっかり理解しましょう。

当方という言葉は自社内では使用しない

例えば、自社内の別部署宛の社内メールで自分の所属している部署を表すために当方を使うと部署が対立している雰囲気が文章にでてしまいます。また、当方の意味をあなた自身を表す一人称として使用した場合は誤用であるばかりか、その文章があなたの個人的な意見なのか会社の総意なのかをビジネスメールを受け取った相手が意味を理解することが出来ずコミュニケーションのコストが嵩んでしまいます。

当方という言葉は「弊社や弊行・弊店・共・私」で言い換えが出来る

実際のビジネスシーンでは、弊社や弊行、弊店、私共、私、などで言い換えが出来てしまうためにあまり出番のない当方という言葉ですが、実際にどのような文章内で使われていることがあるのかを例文を参照していただきご確認ください。

当方を使ったビジネスメールの例文

例文とシチュエーションを見ていただくことによって、当方という言葉の持つ雰囲気を理解し適切な場面で使用をしていただければと思います。

例文

(正式な交渉前に)

・当方といたしましては、○○様の都合の良い日時を指定いただければと存じます。

(対応者が確定していない場合)

・ご注文が確認でき次第、当方よりメールにて到着予定日をお知らせいたします。

(自分の所属会社以外も含める場合)

・その件につきましては、当方にて現在調査であるためコメントは差し控えさせていただきます。

ビジネスメールでの当方は自分が属するグループという意味なので個人の一人称として使わないように注意

ビジネスメールでの例文を見ることによって当方の具体的な利用方法と意味が理解できたのではないでしょうか。上記させていただいたように当方と言う言葉は微妙なニュアンスの言葉です、それだけにしっかり意味と使い方を理解してビジネスメールで使っていると周りとの差がでる言葉かと思います。あまり使う機会はないかとおもいますが、ここぞというシーンで使えるようになっておきたい言葉ですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス