「主体性を持つには?」と思った人が仕事で意識すべきこと

主体性, 仕事術

仕事における主体性とは自分の意志や判断で行動すること

Waiting 410328 1280

「主体性」とは何でしょうか。一般的な定義は自分の意志や判断で行動しようとする態度などを意味します。会社で働いてれば様々な経験を体験しますが、そうした目の前の出来事に対して自力で判断し、自分がどう行動するかが仕事における主体性を持つために重要です。主体性を持つには、その状況で求められている行動は何か意識して日々の仕事に取り組む必要があるのです。

主体性を持つには目標を常に意識するのが大切

Question 1713304 1280

主体性を持つには、「今の自分の働き方で自分のキャリアゴールを達成できるだろうか?」という点について考える必要があります。例えばあなたが飲食店の店長であったとしましょう。この場合なら「今の接客態度のままで今後お客様は増えそうかどうか?」という点について客観的に改善方法を考えるのが、主体性を持つには大切です。自分で目標やより良くしたいという気持ちを明確に持ち、普段の行動や直面する状況で、その目標実現につながるのだろうかと意識して仕事をしていく必要があります。

時には他人の意見を素直に聴くのも大事

主体性を持つには、他人の意見に素直に耳を傾けるのも重要です。仕事における主体性は、まずは自分で考えてみることです。しかし、自分だけではわからなかった、目標実現は難しいと思うこともあるでしょう。その際は、第三者の意見を聞いて、やり方の見直しや改善をしましょう。このとき、「自分では○○と考えました。何がいけなかったのでしょうか?また、○○さんならどうしますか?」と自分の意思も伝えることが大切です。主体性を持つには、一度自分で考えてから人の意見を聴くのが効果的なのです。

主体性を持つには「出世したい」などの欲を意識するのも大切

Startup 593304 1280

今の自分に心から満足をしている人は、自己変革の必要がありません。仕事における主体性を持つには、今の自分を「変えたい」「出世したい」「もっと稼ぎたい」という「欲望」がないとテンションが下がったまま労働を続けていくことになりかねないでしょう。目標も大切ですが、仕事においては低い目標だけではいけません。例えば、「マネージャー職になりたい、年収をもっと増やしたい、海外転勤をする」など、中期的・長期的にしか実現できないような目標をかかげてチャレンジすることも重要です。仕事における主体性を持つには、チャレンジするためにも欲を意識するのも大切だと言えます。

周りのロールモデルやメンターとなる人を見つける

あなたの仕事場や周りで主体的な生き方をしている人はいませんか?そういう人を見て、主体性を持つにはどういう努力・働く上での意識が必要なのか、自分なりに分析をしてみることが重要なのです。主体性を持つには、身近にいるロールモデルやメンターとなる人が意識していることや習慣をまずは真似て始めるのもいいかもしれません。そうすれば、主体性とは何か、体感しながら学ぶことができます。

主体性を持つには普段からどういう生き方をしたいか考える

仕事で主体性を持つには、「自分が今後どういう生き方をしたいのか?」を考える必要があります。キャリアゴールだけでなく、どんな人と過ごしたか、どこに住みたいか、どんな行動ができる人でありたいかなどです。主体性を持つには、人生で起きる物事に対して自分自身で意思決定や判断を行わなくてはいけません。そのためにも、自分がどうしていきたいかが主体性にも表れてくるのです。

普段から物事に疑問や考えを持つ姿勢を身に付ける

仕事だけでなく、日常生活においても目の前のことに対して疑問や考えを持つようになると主体性を持って仕事ができるようになるでしょう。コツとして「なぜそうなるのか?」「これがどんな影響を及ぼすのか?」「自分は○○と思う」と意識してみることです。仕事や日常生活で起こったことに対して、意識してみると良いでしょう。常に考える姿勢やくせが身に付くと、主体性を持った人になれます。

仕事における主体性を持つには目標・キャリアアップ・将来の生き方を意識することが大事

主体性を持つには目標や欲を仕事で意識するのが大切だと言えます。また、それだけでなく他人に頼ってアドバイスを受けたり、身近にロールモデルを見つけたりするのも手段です。主体性を持つには、「夢は絶対にかなう」「今よりもよい仕事ができる」「まだまだ成長できる」という向上意識を忘れずに仕事に取り組みましょう。お手本になる人を探して、その人から吸収できるものを吸収してくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職