バスの上座の位置の見分け方とマナー

バス

バスの上座は運転手側の一番前の席

Lgf01a201405050200

自動車の場合、上座は後部座席の運転手側となります。その基準は事故が起きた際の危険度で、助手席は末席とされているのです。ではバスも同じように後部座席が上座なのかというとそういう訳ではありません。バスの場合は自由度が優先されるため、眺めの良い運転手側の一番前の席が上座となるのです。上座下座の基準は場所によって変わるため注意が必要です。

バスの上座を知ることはビジネスマナーとして大切

社員旅行などでバスを使用する場合にはこうした席順が重要となります。幹事の役を担っているなら偉い順に上座である前の座席からもらうようにしましょう。ビジネスマナーというのはサービス精神や配慮の結晶なので、相手も悪い印象は抱かないはずです。ただその気遣いが相手にとっては嬉しいものなので気分良く移動するためにもこうした配慮は有効です。

上座の常識にとらわれずに偉い方から自由に座ってもらうのもマナー

ですが、バスの上座というのは一般的な知識とは言えません。もし上司がこういったことを知らない場合、余計なトラブルを招く原因にもなります。そういったときは上座下座の区別にこだわらず自由に座ってもらうようにしましょう。偉い方に選択権を優先的に与え、順に席に座って頂くのです。こうすることで自然と良い席の配置になるはずです。

事前に上司へ上座のマナーについて相談するのは良い選択

バスの上座というと後部座席を連想する人も多いものです。最もくつろげますし、自動車の上座が決まる順序から言うとしても後部座席が思いつくでしょう。もし上司がこの自動車の上座の知識しか知らない場合、バスの上座の知識と衝突してしまいます。まずは上司に上座について相談することが重要となるでしょう。一番優先するべきものは円滑に進行することなのです。

バスでのマナーは前任者に聞くことが一番正確な方法

ビジネスマナーというのはあやふやで不確かなものです。今回のバスの上座についてのマナーにも明確な根拠は存在しません。誰かが言い出した規則が何となく定着してしまう世界なので、臨機応変に対応することが何より良い行動となります。特に会社ごとに慣習もそれぞれ異なっているのが現状です。そのため、もしバス移動を担う担当者となったなら前任者の方に聞くことが一番正確な方法と言えます。

マナーは現場によって異なるもの

バスの上座は前側の座席と言う基準はありますが、現場のルールを最優先に考えましょう。一般的に言われているマナーというのは絶対的なものではなくあくまで参考程度に留めておくべきです。私達は社会の中で一定の規則に則り仕事をしていますが、実際の仕事というのは現場のルールに支配されているものです。臨機応変にマナーを守るようにしましょう。

バスの上座のマナーは上司や前任者と相談して臨機応変に対応することが大切

バスの上座の見分け方とマナーについて見てきました。一般的に言われているバスの上座は運転手側の一番前の座席です。ですがこのマナーは誰もが知っているものではありません。また、乗用車の上座は後部座席なので上司と意見が対立しトラブルを招く恐れもあります。事前に上司や前任者の話を聞き、その慣習に則って上座を決めましょう。現場のルールに従うことが調和を生む何よりのマナーなのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス