年賀状を上司へ送る時のポイントと新年の挨拶に使える例文

上司, 挨拶, 新年

必ず一言、自筆で書くことを心がけよう

Gf01a201502150700

年賀状は気持ちは伝わることが大事です!!

最近は、年賀状を印刷する人がほとんどですが、年賀状の宛名も裏の新年の挨拶も、印刷だけの場合が非常に多くなっています。このときに、少しでいいので相手の顔を思い浮かべながら、一年間で共通する話題や仕事があれば、一言添えるようにしてみましょう。それだけで、受け取った側も、新年に自宅で年賀状を手にして、自分のことを思い浮かべてくれるのです。ダイレクトメールのような、味気ない年賀状はその人の記憶に残りづらいものです。せっかく年賀状を送る間柄なのであれば、一言でいいので、何かその人にまつわる話を書いてみるようにしてみましょう。ないようであれば、今年の抱負を簡単に書いてみることでも構いません。これであれば、たくさんの人に年賀状を送らないといけない場合でも、同じ内容のことが書けます。

元旦に届くように送ること!!

Gf01a201502121700

年賀状の準備を怠らないこと!!

12月はクリスマスなどのイベントもありますが、新年の最初の挨拶にあたる年賀状の準備を怠らないようにしておきましょう。

年賀状の手配はもちろんですが、特に上司を始め目上の人に送る場合は、元旦に届くように、期日までにポストに投函するように準備が必要です。

先に相手からの年賀状を受け取ってしまうようなことにならないよう、注意してください。遅くとも三が日までに届くようにしておかないと非礼に当たりますので、職場の目上の人から先に年賀状を書いて、出してしまうようにしておいた方が良いでしょう。

また、職場で年賀状のやりとりが習慣になっているのであれば、メールなどで済ませるようなことは大変失礼にあたるので、控えましょう。

送っていない職場の人から年賀状が届いた場合は?

自分が送っていない思いもよらない職場の人から年賀状が届いた場合は、すぐに返信するのがマナーです。また、送ってない職場の人から、年賀状が届いたときのマナーもありますので、みていきましょう。

Gf01a201503260000

新年の挨拶に加えて謝礼と遅れたお詫びを書く

自分が送っていない思いもよらない職場の人から年賀状が届いた場合は、すぐに返信しましょう。

そのときに、新年の挨拶を書くことに加え、「年賀状をいただきありがとうございます。

遅くなって申し訳ありません。」というように、相手へのお礼と遅くなったお詫びを手書きで記しましょう。何も書かずに送ると印象がよくありませんので、何か一言付け加えておいた方が良いでしょう。

たくさんの人に送らないといけない場合は、リストを常に更新して最新のものにしておくことも忘れないようにしてください。次の年に同じことにならないよう、送っていなかった人をリストに必ず追加しておきましょう。

また、新年直接会う機会がある人であれば、そのときに、遅くなったことを口頭でも詫びておくと良いでしょう。

最後に年賀状の新年挨拶で基本となる例文を紹介します!!

では、最後に年賀状の例文を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

年賀状の新年挨拶で基本の例文①

恭賀新年

昨年中は色々とお世話になりました。本当にありがとうございました。

今年は、先輩の足を引っ張らないよう頑張りますので、昨年同様のご指導をよろしくお願い申し上げます。

ΟΟ先輩が益々ご活躍できますようお祈りいたします。

平成●●年元旦

*

●●県●●市●●丁目●番●●号

TEL **

●●●●(フルネーム)

年賀状の新年挨拶で基本となる例文②

昨年中は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼を申し上げます

本年も総力を挙げて仕事に邁進する所存でございますので、

なにとぞ一層のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます

平成○×年 元旦

年賀状の新年挨拶で基本となる例文③

謹賀新年

昨年は大変お世話になりました。

昨年に培った敬虔を最大限に生かし 今年は期待に120%応えられるよう、日々精進していきます。

本年も引き続き、ご指導ご鞭撻のほどお願いするとともに

ご家族、ご友人の皆様の、ご健康とご多幸を深くお祈り申し上げます

平成●●年 元旦

新年の挨拶をする上司への年賀状マナーは完璧にしておきましょう

いかがでしたでしょうか!?

今回は、新年の挨拶をする上司への年賀状で気をつけたいポイントについて紹介しましたが、参考になりましたでしょうか!?

年賀状は、なかなか会えない人はもちろん、職場で年始に会う人まで、新年の挨拶をする日本の文化のひとつになっています。相手の心に残る、素敵な年賀状を送りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス