退職の挨拶に便利なツール(電話・メール・手紙)とは

退職

退職の挨拶で使えるツール:電話

Max88 shinzouwosasageru20141025133814500 thumb 815xauto 5765

退職の挨拶に使えるツールとして電話があります。例えば仕事で大変お世話になったが、すでに他部署にいる人や、担当ではなくなったけれど、つい最近まで仕事をしていた関係者など、場合によってはメールだけの退職の挨拶では、少し失礼になる場合があります。その場合、役に立つツールが電話でしょう。

声のトーンで感謝の気持ちを伝えよう

電話は直接話ができるので、声のトーンなどで、今までにお世話になった感謝の気持ちと、お別れする寂しさの両方を伝える事ができるツールです。電話は気持ちを伝えるのに適しているツールです。しっかりと気持ちを伝えられるようにしましょう。

電話をかけるタイミングが大事

電話をかける際、気をつけなければいけないのが、相手が話せるタイミングかという事です。退職の挨拶となると、当然相手は驚かれるでしょうし。場合によっては話が長くなるかもしれません。相手の忙しそうな時間を避け、電話を掛けるようにしましょう。

また、電話をかける前にメールで退職をする旨を伝えておいても良いでしょう。そしてあらためて電話で退職の挨拶をすると、スムーズです。

退職の挨拶で使えるツール:メール

職場において退職をする事の報告そのものは、まず上司に伝え、その後上司を通じて朝礼などの時に、職場に伝達されるのが一般的でしょう。そうした形で直接退職する事を伝えて挨拶できる場合は良いのですが、仕事で関わりがあっても部署が違う人など、退職の挨拶をするのは難しいです。

特に、過去においてチームを組むなど共同で仕事をしていたけれど、現在は部署が違うために話す機会もなかなかないという場合、退職の挨拶に便利なツールがメールです。

相手都合で読んでもらえる

メールは他のツールと違って、自分の都合の良い時に読む事ができるので、その点において相手の仕事の最中に、割り込む事もしないですむという、便利なツールです。

ただし、メールは人によってはカジュアルな印象を与えますので、メールの内容については熟考し、失礼のないよう気をつけましょう。

自分なりの文章で感謝を伝えよう

メールはいろいろと文章を書き込めるので、自分なりにその人に対して思っていた色々な事を伝える事ができます。あの時の対応は本当に感謝しているといった事を、上手にメールに書き入れる事で、丁寧な印象になり、退職の挨拶としてメールはふさわしいツールだと言えるでしょう。自分なりの言葉や文章で感謝の気持ちを伝えられるようしましょう。

退職の挨拶で使えるツール・手紙について

退職の挨拶で使える、最後に紹介するツールは手紙です。例えば、その会社に入社した際にお世話になった方などがいて、すでに退職されていたり、以前お世話になった先輩が結婚して会社を辞めていた場合、わざわざ電話をするのも・・・といった感じになります。その際に使えるツールが、手紙です。

Filler 169581 1280%20

手書きで年代に合わせた便箋や葉書を使用しよう

できるだけ手書きで、その年代に合わせた便箋や葉書を使用し、丁寧な字で退職の挨拶を書いて出しましょう。相手は手紙を受け取って、もうその会社に貴方がいない事を知るのと同時に、自分の事を忘れずにいて挨拶をしてくれた事を嬉しく思うでしょう。

こういう方への退職の挨拶は、退職した後でも大丈夫です。また、退職した事に対して心配を抱かせないように、手紙には軽く近況を書いて先方に伝えるのも良いでしょう。手紙というものは、以前お世話になったけれどすでに会社にはいない、そんな人に退職の挨拶をする絶好のツールです。

退職の挨拶では自分に適したツール(電話・メール・手紙)を利用しよう

退職の挨拶をする際に、どういったツールが適しているかという事について、まとめさせていただきました。電話で退職挨拶をする際のいい所は、声のトーンで気持ちを伝えられるでしたよね。メール・手紙で退職挨拶をする際には、相手都合で読んでもらえて、自分なりの文章で相手へ思いを伝えられるという部分がいい所でした。

今までお世話になった人達に、印象の良い退職の挨拶をして、新しい新天地に向かって進んでいきたいですね。自分に適したツール(電話・メール・手紙)を利用して退職の挨拶をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職