交代勤務のシフトにおいて大切な労働基準法

シフト勤務, 労働基準法

労働基準法は労働者を保護する観点で作られた法律

Job interview 437026 1280

労働基準法では就労に関する様々な規律が定められており、労働条件の原則や決められた最低限の基準を遵守しないと罰則が設けられています。原則として1日8時間以上、週40時間以上の就労までと決められているように労働基準法では労働者の労働時間や時間外労働、休日出勤などの規定を定めたものでその中の一つに交代勤務の規定があります。

交代勤務のシフトは医療機関など目が離せない現場で採用される

交代勤務とは一般的はシフト制と呼ばれるもので24時間を2交代制、3交代制などの時間で区切りその割り当てられたシフトの時間を労働者が勤務するという体制の事です。代表的な交代勤務には医療機関が連想されますが命を扱う現場だからこそ一時もケアの目が届かない事がないように、24時間交代勤務のシフトが取られています。また交代勤務は8時間を越える職種が多いため変形労働時間制を取り入れる必要があります。

変形労働時間制では労働基準法で定められた時間以上の勤務も可能になる

労働基準法では交代勤務のシフトで労働する場合には2交代制など1日8時間を超えて労働させる事になりますので、1ヵ月単位、あるいは1年単位で変形労働時間制を採用する必要があると定められています。労使間での協定や勤めている企業の就業規則に規定しておけば週40時間以上の労働も可能となり労働者もこの規定に従う事になります。

変形労働時間制は繁忙期に採用されるのが多い

職種や分野によって交代勤務や変形労働時間制も異なりますが、年末や年度末、納期が間に合わなくなるほど受注がくる製造業や季節によって労働基準法で定められた労働時間では到底賄えない場合には労使間で話合いの後時間外労働や休日出勤の取り決めを締結する36協定というものもあります。また交代勤務でもどのシフトに入るのかによって賃金も異なり、深夜手当や休日出勤手当などシフトに応じて企業ごとに決められています。

交代勤務の会社ではしかりとした引継ぎの手段が大切になる

一般的な企業では労働基準法で定める1日8時間労働、週40時間労働の時間内で作業しますが、生産性の向上や数を多く仕上げたい製造業などでは交代勤務を就業規則に定め24時間フル稼働の工場も数多くあります。交代勤務のシフトを取ると言う事は人と人の引継ぎが行われます。医療機関ですと患者さんの状態や本日の入院予定、処置した事などを看護記録として引継ぎ、製造業でも不具合や異常の有無などの事項を次のシフトで、交代勤務で入る方に伝えて確認してもらう事が大事です。

引継ぎを行わないと交通事故やミスのもとになる

引継ぎが上手く伝わっていないと医療ミスや作業ミスなどの事故につながってしまう恐れもありますので交代勤務の特徴である引継ぎをしっかりと行うことが必要です。交代勤務では変形労働時間制のシフトが多くとられますが、事業主の勝手な判断で作成した就業規則は適用されず労働者を保護する労働基準法のもとで勤務する事になりますので安心して下さい。

交代勤務のシフトは労働基準法をもとに作成されており違法な労働を行えないようになっている

労働する上での賃金や労働時間などに最低限の基準を設け労働者を保護する目的で施行されている法律に労働基準法があります。消費者のニーズや生産性の向上を計る為多くの企業では交代勤務でのシフト制を取り入れており、労働基準法で定める1日8時間以上の労働時間となる企業が多くあります。交代勤務で1日8時間を越える労働時間となる場合では、労働基準法上変形労働時間制を採用する必要があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職