昨日・今日・明日を敬語で表す言葉遣いとは

敬語

取引先や上司との会話やメールでの言葉遣いに気をつけよう

Garden 884569 1280

ビジネスの場面で、取引先や上司との会話やメールでの言葉遣いに気をつけたいものです。特に新卒の頃は敬語に慣れていないために、間違いが多くなってしまう可能性があります。ビジネスの場面で適切な敬語を使えるようになるのも、社会人としての基本的なことです。ビジネスの場面で恥をかかないように、ビジネスマナーの講座に参加してみたり、自分なりに勉強していくようにしましょう。

「昨日」は「さくじつ」と読もう

昨日は通常では「きのう」と使うことが多いですが、敬語では「さくじつ」と言うようにしましょう。昨日の夜は「さくや」と短くします。同じ言葉でも話し方を変えることによって、印象が変わってきます。最初は慣れない言葉が多いかもしれませんが、数多く触れることによって自然に使えるようになってきます。

職場の空気に早く慣れて状況で敬語や言葉を使い分けよう

職場の先輩方の敬語の話し方を見習うのも一つの方法です。最初は仕事に慣れるために、取引先にも先輩と同行することが多いかもしれません。その時に先輩の敬語の話し方や、受け答えの仕方を学ぶようにすると良いでしょう。職種や会社によっても話し方が違う場合があります。特に転職した人は以前の職場のやり方を引きずりがちです。それぞれの会社によって対応の仕方もさまざまです。

上司に対しては、「さくじつ」で同僚に対しては「きのう」でよい

敬語はTPOに合わせて使い分けるできるだけ早く今の会社のやり方に慣れて、自然に使えるようになりたいものです。例えば、昨日という言葉は会話の中にも良く登場しますが、相手によっても使い分けるようにしましょう。特に取引先の人や上司に対しては、「さくじつ」と言い、失礼のないようにしましょう。逆に同僚に対しては、昨日は「きのう」と話したほうが自然です。

ビジネス言葉を使いこなそう

敬語などの言葉遣いは人間関係を円滑にするためにも、とても重要なことです。特にビジネスの場面では、日常生活とは違う敬語の使い方があります。これらのビジネス言葉は覚えていくしかありません。しかし、正しいビジネス言葉を習得してしまえば、それを武器にすることもできます。

本日「ほんじつ」明日は「みょうにち」など言い換える言葉を覚えよう

良く使う敬語から覚えていくまずは昨日、今日、明日など良く使う言葉から覚えて行くと良いかもしれません。昨日は「さくじつ」、今日は本日「ほんじつ」、明日は「みょうにち」のように敬語では変わってきますので注意が必要です。仕事は感情論では成り立たないものですが、ビジネス会話が上手くできる人は仕事も上手く運べるようになるようです。口先だけでは困りますが、実力が伴ったビジネス会話ができるようにできるようになれば、さらに仕事が上手くいくようになるでしょう。

敬語の言葉遣いで昨日は「さくじつ」今日は「ほんじつ」明日は「みょうにち」と言い換えよう

昨日・今日・明日を敬語で表す言葉遣いについてご紹介しました。ビジネス会話で使う敬語を覚えることは、仕事を上手くやっていくためにも基本となることです。ビジネス会話が上手く使えるようになれば、人間関係も仕事も上手く行くようになるでしょう。まずは昨日や今日などの良く使う言葉の敬語から覚えて行くのも一つの方法です。昨日は書き言葉で同じですが、敬語では「さくじつ」と言うようにします。また、今日は本日「ほんじつ」と書いて、話すようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス