「わかる」を敬語で表す言葉とは

敬語

「わかりました」の言葉を使っていいのは社内の同僚まで

Gahag 0095396761 1

目上の人に対して、「わかる」という言葉を利用することは絶対にいけないことで、これは敬語としては利用できない言葉であると理解してください。「わかりました」という使い方をしていいのは、会社の同僚くらいまでで、目上の方にはもう少し良い表現をしてください。「わかる」という言葉自体は、別に悪い言い方ではありませんが、敬語として利用できる範囲には無いのです。

「わかる」自体は敬語ではない

「わかる」という言葉自体は、まだ敬語として利用されていない状態となっているので、これは敬語として使われることはありません。そのため、「分かりました」という言葉については、敬語として認められていないため、どうしてもおかしいと指摘されてしまうのです。本当にいい言葉であれば、そもそも指摘されることが無いため、間違っていると言われるのは違うことを意味します。

「わかる」を敬語に直すと「おわかりになる」

「わかる」という言葉を敬語に直すと、「おわかりになる」という言葉に置き換えられます。「お分かりになりました」という言葉を利用するのが、敬語としては一番いい方法となるので、安易に「わかる」という言葉を丁寧にしない方がいいです。分からない時は、「お分かりにくい部分がありますのでいいですか」という形で質問することになります。

丁寧な言い方に変えることが必要

わかるという言葉を丁寧に置き換えることが必要となるため、基本的にはお分かりになるという言葉を利用することが一般的なのです。御を付けることによって、丁寧になると言われますが、わかるという言葉もその1つになっていると考えてください。丁寧な言い方をすることが何よりも大切なことで、目上の方にはお分かりになりますという言葉を使うことが多くなります。ただ話す時には、別の表現を使うこともあります。

自分が「わかる」ことを伝えたい場合「了解いたしました」

自分がわかることを意味する時に、「お分かりになる」という言葉を使うのはちょっとおかしなことかもしれません。それを変えるために必要なこととして、了解や了承という言葉を利用することとなりますが、これを敬語に置き換えるのは結構苦労します。唯一利用できる言葉として、「了解いたしました」という言葉がありますので、これを敬語として利用する方法はあります。

「わかる」には色々な変化がある

「わかる」と言っても、「わかりました」は全く敬語表現となっていないので、別の言葉に置き換えることが多くなります。「お分かりになる」や「お分かりにくい」、更に「お分かりいただけますか」という言葉は、立派な敬語表現であり、色々な変化として利用されています。「了解いたしました」という言葉も、敬語としては正しい言葉なので、「わかりました」の敬語として使えます。

「わかる」を敬語で表す言葉は「お分かりになる」・「了解いたしました」

「わかる」という言葉自体は、敬語として利用できる言葉ではありませんので、そのまま「わかりました」は使えないと思ってください。目上の方には、「お分かりになる」という言葉や、「了解いたしました」という敬語を利用することが一般的です。「わかる」と使ってもいいのは同僚くらいまでで、どうしても目上の方には言い変えて利用することとなります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日ビジネス