「了解」はNG?「わかりました」を正しい敬語で伝える方法

2018年1月30日敬語

わかりましたの敬語変換マナー①「承知いたしました」

Japan 217878 1280

日頃よく使いよく聞く言葉のなかには、日本語として、敬語として間違っているものがあります。

日頃から使っていないと、なかなか変換出来ないものです。あなたの敬語の変換は大丈夫ですか。「わかりました」という意味の敬語の変換ビジネスマナーについて、見ていきましょう。まずは敬語の変換として「承知いたしました」が挙げられます。

敬語を使っていれば丁寧な印象を与える!

敬語の変換をして同意するときは「わかりました」ではなく「承知いたしました」を使ってください。 敬語変換の時、より丁寧な言い回しになるでしょう。相手により良い印象を与えるために変換した敬語を使うようにしてください。知っているのと知らないのとでは、印象が変わります。

わかりましたの敬語変換マナー②「かしこまりました」

Singapore river 255116 1280

ビジネス上で、「分かりました」という意味合いで使われる言葉に、「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」などがあります。その意味と使い分け方を理解できていますか。では、「わかりました」という意味の敬語ビジネスマナーについて、見ていきましょう。

「かしこまりました」は自分を下げて敬意を伝える敬語変換!

相手に敬意を示したいなら「かしこまりました」、部下が上司に対して、返事をする場合は、「かしこまりました」「承知いたしました」を使うようにしましょう。目上の人には前述の表現にするよう、敬語変換マナーとして徹底しましょう。

「かしこまりました」と「承知しました」の違いとは?

「かしこまりました」や「承知しました」はビジネス研修で、お客様に対して使うように指導されます。

承知しました→相手の言ったことを「承諾」したこと かしこまりました→相手の言ったことを「理解」したこと

実は「かしこまりました」と「承知しました」には、上記のような違いがあるのです。もし間違って使ったとしても、”誤用”というわけではないのですが、相手に正しい敬意を示すためにしっかり使い分けていきたましょう。

わかりましたのNG敬語は「了解しました」

Yotaka85 okdemashita15123949 tp v

「かしこまりました」「承知しました」は相手に敬意を伝えます。しかし、中には間違えがちなNG敬語もあるのです。それが「了解しました」です。これもビジネスマナーとして敬語を徹底できると良いですね!

「了解」はビジネスシーンで通用しません!

Green cyomecyome tp v

ビジネスシーンにおいて、「わかりました」「了解しました」という言葉は使いません。「かしこまりました」などが良く使われますが、「承知しました」でも問題ありません。学生さんは、「了解」を言いがちですよね。社会人になったら、「了解」は通用しませんので注意してください。

わかりましたは敬語変換すると「かしこまりました」「承知しました」

今回は、「わかりました」という意味の敬語 ビジネスマナーについて、説明して参りました。

ビジネスマナーを踏まえた「わかりました」という意味の敬語は、 「かしこまりました」や「承知いたしました」が適切であることがお分かりいただけたでしょうか。「了解」はNGです。是非、表現の徹底をするようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月30日ビジネス

Posted by BiZPARK