業務委託とアウトソーシングの仕事の違いとは

2016年11月29日アウトソーシング, 業務委託

業務委託はアウトソーシングとは違いがある

City 731296 640

業務委託とアウトソーシングが混同されて使用されているのには、仕事を自社ではなく、他の場所で行ってもらう形式が似ているという事があります。その責任の所在がどちらかという違いはありますが、業務委託とアウトソーシングは、自社以外で業務を行ってもらうような形式の為、間違ってしようしている方が多いのも原因の一つになっています。

アウトソーシングとは責任の所在が違う

アウトソーシングは、自分の会社の中で、業務内容やその機能に合わせた内容を、自分の会社の系列子会社に委託するか、他の専門業者に委託するような意味合いで使われていました。また、特定の業務を自社から独立して、子会社化したり、子会社化した会社を売却するような意味合いでも使用されますので、業務委託とは毛色が違ってきます。

業務内容をコントロールする場所が大きく異なる

アウトソーシングと業務委託の最も違う点は、その業務内容をコントロールする場所によって変わります。たとえば、仕事の内容を、業務設計、決算責任、全ての管理を一切受け渡すような物はアウトソーシングと言われ、業務を委託する側が、その仕事の決定権、設計、管理などを行うような場合には、業務委託と呼ばれています。

業務委託は会社の主となる重要な仕事は依頼しない

業務委託は、一部の業務内容を外部に委託する事によって仕事を遂行するために利用されます。基本的には、会社の主となる重要な仕事は依頼しません。しかし、アウトソーシングに関しては、主だった機能を子会社などに委託する事で、大幅に効率化を計り、コストダウンをする事を狙って行うもので、例えば、一部の部署がそのまま子会社化するような時に使用されます。

業務委託とアウトソーシングは利用することでコストダウンになる

業務委託とアウトソーシングのメリットとして挙げられるのが、徹底したコストダウンを実現化出来る事です。経費を抑える事もできますし、新しい人材の確保のコストも抑える事ができます。企業は限られたリソースで仕事を行っていますので、業務委託やアウトソーシングを利用するような仕事内容はとても有効な手段になります。

アウトソーシングは一部の仕事を子会社化することで競争率の向上にも繋がる

業務委託がコストダウンを目的の柱にしているのに対し、アウトソーシングの場合には、自分の会社の仕事を、あえて子会社化することによって、そこでの競争力を高める事も視野に入れて戦略的アウトソーシングという事もあります。戦略的なアウトソーシングの場合には、経費を減らすという消極的な扱いではなく、より積極性の高い行動だと言えます。

業務委託は重要な仕事は任せないがアウトソーシングは業務の決定権や責任も受け渡す

業務委託とアウトソージングの仕事の違いについてご紹介しました。業務委託とアウトソーシングは、大きな会社でしたら必ずと言ってよい程行っています。例えば、NASAのロケットを東京の下町の工場で作っているような事と同じような事が、企業では沢山行われているのです。その為、企業に属さずに、業務委託とアウトソーシングだけで暮らしている方も増えて来ています。今後、この二つは、今後は、より細分化された業務体型に移行していくと思われます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK