業務提携と業務委託のきちんと知っておきたい違い

業務委託, 業務提携

業務提携は一つの仕事を協力して行うこと

Macbook 336704 960 720

業務提携と業務委託の違いについて把握するためには、業務提携とは何で、業務委託では何かという点について学ぶ必要があるでしょう。まずは、業務提携とは何かということについて紹介します。業務提携とは、その名の通り、業務の提携をするもので、一つの業務を協力して行うということになります。

業務提携は技術的な発展が生まれる事がある

つまり、業務提携というのは、互いに助けあうことになります。ですから、双方にとってプラスになるような事もあるということです。お互いに協力して作業をする中で、技術的な発展が生まれたりもするでしょう。それは業務委託にはない、業務提携ならではの違いとなります。では、業務委託とはどのようなものになるでしょうか?

業務委託は完全にその仕事を丸投げしてしまうこと

業務提携と違い、業務委託とは、その業務を完全に委託することになります。つまり平たくいえば、その仕事をまる投げしてやってもらうというのが、業務委託になるのです。その分こちらとしては他の作業に集中できることになるので、業務委託には業務委託のメリットがあります。

受託した方はその分責任も大きくなる

業務委託は、受託した方が完全に作業をすることとなるのでその分それに対する責任も大きくなっていきます。ですから、そういう責任の違いというのも、業務提携と業務委託の違いとして言えます。業務提携は双方に責任がかかりますが、業務提携は主に受諾者なのです。この違いをしっかりと理解することが、業務提携と業務委託を上手く使い分けることにつながるでしょう。

業務提携と業務委託の法的な違いはあまりない

業務委託と業務提携には、法律上ではあまり違いはないと言えます。責任の重さに関しても、言葉だけで決めるのではなく、実際には契約書の中身で決めることになりますので、業務委託という言葉と業務提携という言葉だけで見た時の違いは、法律的にはあまりないのです。

言葉の意味の違いを理解してトラブル回避

ただ、法的にはあまり違いがなく、契約書の内容で決まるとはいっても、言葉的には先にも述べた通りに、業務提携は双方に責任があり、業務委託は受諾者に責任があるものとして認知されているので、実際に使う際にはきちんと言葉の意味の違いを理解して使った方が、トラブルが無くなります。法的に問題ないという事に甘えずに、正しい用法で使用するようにしていきましょう。

業務委託は業務提携と違い一方に責任がかかると認知されているが法的な相違はない

以上、きちんと知っておきたい業務提携と業務委託の違いのご紹介でした。分かりやすく言えば、双方で行うか、一方が行うかという違いがあるというのが、業務提携と業務委託の違いです。それらは決して難しい違いではありません。ですから、この機会にその違いをしっかり覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職