【どっちが魅力的?】アルバイトと業務委託の違いとそれぞれの特徴

2016年11月25日アルバイト, 業務委託

そもそもアルバイトと業務委託の違いとは?

Cafe 768771 640

契約内容を理解し、契約をしっかりしておかないと後で損をしてしまうかもしれません。仕事内容にアルバイトや業務委託と書いてある場合はこちらからどのようなシステムなのかをしっかり見ていきましょう。

アルバイトは雇われている労働者扱い

アルバイトは短期でも、雇用主が雇用している形になります。労働者なので、労災保険をつけてくれたりします。怪我をした時に保証してくれます。

また、雇用主に雇われていますので、監督されたり指導などを受けたりもします。

業務委託は個人事業主扱い

業務委託は個人事業主の扱いになり、雇用されてはいませんので、怪我をしたりしたら、自分で治療しなければなりません。

また監督されたり指導を受けたりする必要も時間の拘束もありません。しかし、万が一納期が遅れたりすると保障しなければならない部分もあります。

アルバイトと業務委託の保険環境はどうなっているの?

自分の生活を守るための健康保険や社会保険。これらの社会保障関係について、アルバイトと業務委託ではどのような形になっているのでしょうか。

アルバイトは条件を満たせば、会社の社会保険に加入できる

アルバイトは時間が短いと健康保険や社会保険をつけることができません。アルバイトは時間が正社員のようにたくさん働いていれば健康保険や社会保険等もつけてくれます。社会保険の半額を会社が持ってくれることになっています。

業務委託は自分で国民年金や国民健康保険に加入する必要がある

業務委託の場合は、自分が個人事業主なので保険は自分で国民年金や国民健康保険に入ることになります。アルバイトに比べて自己負担分が多くなってしまう可能性があるでしょう。

アルバイトと業務委託、魅力的な働き方を追求すると?

Gf01a201503301400

どのような働き方にも良い面悪い面もあります。どちらの方が自分に合うのか自分を知るのも大切なことです。特にアルバイトや業務委託の場合は自分の能力の違いが大きな差になっていきます。

アルバイトは保証されている安心感が魅力

アルバイトは保証がされているので安心して働くことができます。またいろいろな上司からの指導などがあります。また時間もしっかりと決められていますし、社会保障も受けられるため、しっかりと安定した働き方をする人には向いています。

業務委託は自分の能力に合わせて働けるのが魅力

業務委託は、保証はありませんが自分で、たくさんの仕事を受けることができます。そのため、自分でたくさん稼ぎたい強い意欲のある人決められたお給料では納得がいかない人はどんどん自由にたくさん働きたい人には向いています。

アルバイトにも業務委託にもメリット有り!自分スタイルで楽しく働こう

自分の理想をとことん追求していくように、業務委託を選択する人もいるでしょうし、安心や安定からアルバイトを選択する人もいるでしょう。

自分がやりたい仕事を見つけた時にアルバイトの形態か業務委託の形態をしっかりすることにより働き方も変わってきます。先を見通した目標を見つけてしっかり自分のお仕事を選んでいきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月25日転職

Posted by BiZPARK