決裁がおりる内容のポイントと注意点について

決裁

決裁は正しい形式の内容であればおりる

Manuscript 729617 640

決裁は絶対おりる。そう考えていても、「いつおりるのか」、とっても気になります。決裁は正しい形式の内容であればすぐにおります。もっとも、内容が際どい場合や文章形式がいつもと異なっている場合は、決裁が下りにくいです。誤字脱字も不承認の理由となります。ちゃんと内容を作成して、決裁がおりる状況を作りましょう。

おりる決裁とは重要な内容で今すぐ行使する必要があるもの

決裁の内容は「おりそうなタイプ」と「おりなさそうなタイプ」に大別されます。ですので、敢えて意見を提示しない方がかえって決裁が進む事もあります。おりる決裁の共通点は、その決裁の内容がとても重要であり、今すぐ行使する必要がある内容かどうかです。ですから、急を要する案件なら、決裁書を回す前に会議を開いたほうが良いでしょう。

重要な内容の決裁はおりるまでに時間がかかる

決裁はおりるまでに時間がかかります。特に誰かの責任が問われそうな内容では、非常に長い時間がかかります。万が一決裁がおりることができなかったら、自分のこれまでを振り返って、自分に何が足りなかったのかを把握しなおしましょう。

重要な決裁はたらいまわしになりやすいので注意が必要

重要な決裁はおりやすいとお伝えしましたが、これはたらいまわしにされやすい傾向もあるので注意が必要です。決裁した内容の訂正はできませんので、上役ほど慎重な判断が求められます。ですので、他の上役の意見を聞く為にたらいまわしになりやすいのです。このリスクがあることも考慮しましょう。

決裁をおりるようにするには「必要性が高い意見」を提示すること

決裁をおりやすくする方法は「必要性が高い意見」を提示することです。今すぐ試みなければ、後で大変なことになる、といった具合です。人には論理という概念があり、その共通見解によって思考を先へと勧めます。未熟な議論は決済の不承認をもたらしますので、筋を押さえた簡明な議論を行いましょう。完璧な人間など存在しませんので、あなたの弱点をあなた自身が把握し、その修正に努めることが大切です。

重要な内容の決裁は大抵おりるがたらい回しにもなりやすいので注意が必要

決裁がおりるポイントは、「どうしてもその仕事が必要である」と皆が認める事です。皆が同意すれば、決裁はすぐに認められます。おりる、おりないで迷っている方は、決裁を出すタイミングと決裁内容の再考をしましょう。決裁が下りないなーとお悩みの方は、上司に手土産の一つでも持って行きましょう。人間関係は、慣れが大事です。無理に筋を通さず、それトナー苦に追わせておくだけでも良いでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職