労働管理(労務管理)の仕事内容と企業における現状

2017年7月10日労働管理, 労務管理

社会保険労務士の仕事は従業員の雇用環境の管理をすること

労務の仕事は複数にまたがりますが、代表的なものに勤怠や従業員の健康管理、雇用契約、社会保険手続き、給与計算、福利厚生業務等といったものがあります。 資格としては「社会保険労務士」というものがあります。これは労務管理全般の専門家として法的に認められた国家資格になります。また労働関係の紛争の調停ができる「特定社会保険労務士」という資格もあります。 資格がなくとも会社での労務管理業務を行うことは可能ですが、勉強しておくことで専門性が高まることは間違いありません。

社会保険労務士になるには合格率7~10%の試験を突破しなくてはならない

社会保険労務士の試験には受験資格が必要です。受験資格は ①学歴 ②実務経験 ③定められた国家試験合格 の3つに分けられます。特に実務経験に関しては3年以上の経験が必要になりますので、実際に労務管理業務について、さらに専門性を獲得したい、という方が資格取得を目指す、というケースが多くなっています。合格率は平成27年のデータで2.6%となっており(社会保険労務士試験オフィシャルサイト)、近年急激な難易度向上がありましたが、これまでおおよそ7~10%で推移しています。 実務をしながらの勉強は大変ですが、専門性を身に着けたい、という方にはお勧めの資格です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年7月10日転職

Posted by BiZPARK