派遣契約打ち切りを宣告されたらどうする?対処法は

派遣契約

派遣契約打ち切りについて

派遣として働く際に気になるのが、「契約打ち切り」だという人は多いでしょう。契約期間中の派遣契約の打ち切りは、正当な理由がない限りできません。正当な理由とは、派遣先の会社の倒産や派遣社員の素行の問題などになります。契約期間満了後の更新がない場合は、打ち切りとは別のものになりますので、理解しておきましょう。

派遣契約打ち切りを宣告されたら派遣元を通す!

では、正当な理由なく、派遣契約期間中に打ち切りがあったらどう対応したらよいのでしょうか?派遣契約打ち切りを宣告された時の対応は、まず派遣元を通すことが大事です。派遣社員の雇用は、派遣先でなく派遣元がしています。自分だけで立ち向かうより、派遣元に相談するのが一番なのです。派遣元を通して、契約期間の賃金を払って貰うか、別の仕事を紹介してもらうか、諦めずに交渉をしましょう。

正当な理由があれば仕方がない

派遣期間途中の契約打ち切りは、解雇と同等の行為になります。通常解雇をする場合は合理的で、相当の理由が必要です。派遣社員でも同じことが言えますが、派遣社員に懲戒処分の対象になるほどの行為があった場合は、打ち切りになっても何も言えません。日頃から常識的な行動が必要になりますね。

まとめ

派遣契約途中の打ち切りは、正当な理由なしではできません。そのため、正当な理由が見当たらずに、打ち切られた場合は、派遣元を通して対処してもらいましょう。契約期間の賃金を支払ってもらう・別の仕事を紹介してもらうなど、対応策はありますので諦めないことが大事です。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月19日転職