ビル管理士のための職務経歴書の書き方のポイント

ビル管理士

ビル管理士の魅力的な職務経歴書の書き方

Office 581131 1280

ビル管理士に限らずどの職業においても転職する際には、職務経歴書が必要になります。企業側は、職務経歴書を見ることでその人が今までどのような仕事をやってきたのかを把握することができ、それが採用するかどうかの判断材料になるのです。

希望している企業に就くことができるよう、魅力的な職務経歴書を書きましょう。

人事がビル管理士の採用においてみるポイント

採用する際に重要になってくるのが、職務経歴書です。なぜなら、職務経歴書には自分の持っている資格やスキル、経験が記載されており、文面からは性格までも読み取ることができるからです。

また採用するにあたり、大切なスキルや経験ですが、それ以前に職務経歴書の書き方に注意しましょう。字やまとめ方が雑だと、いくら資格や経歴が素晴らしくても、読んでいる人に伝わりにくくなってしまいます。

職務経歴書は内容を整理して簡潔に書く

職務経歴書を書く際に大事なことは、簡潔に見やすく書くことです。経歴や記載する仕事内容などを、箇条書きにするのも良いでしょう。

また、ビル管理士として積み上げてきた自分が誇る経歴をだらだらと文で書くのもNGです。企業側が求めている人材であることをアピールするために、内容を整理して相手に伝わるような職務経歴書を作成しましょう。ビル管理士で培ってきた経験や積み上げてきた経歴を、延々を書き綴ってはいけません。

まとめ

以上、ビル管理士の人のための職務経歴書の書き方のポイントについてでした。

職務経歴書には、ビル管理士で培ってきた経験や積み上げてきた経歴を、延々を書き綴ってはいけません。自分の資格や経験を企業側にしっかり伝わるようにまとめ、企業側が求める人物像であることをアピールしましょう。

また、この人が欲しい!と思われるような、魅力的な職務経歴書を書く為にも、要点を抑えて簡潔で分かりやすく書くよう心掛けたいですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月19日転職