給与支払証明書とは?該当書類を企業が発行する必要性

給与支払証明書

給与支払証明書とはローンなどで融資希望した際に必要

Business 17610 640

お金に関連する審査やサービスの申し込みをする時に、給与支払証明書の提出を求められることがあると思います。よく知られている例としては住宅ローンや、会社によって異なりますがカードローンで特に大口融資を希望した際などには源泉徴収票と一緒に給与支払証明書の提出が必要になることがあります。

給与支払証明書とは企業ごとに書式が異なる

給与支払証明書とは、基本的に仕事をしている企業が発行するものです。証明書という言葉を聞くと、企業ではなく、どうしても市役所などの公的機関が発行するように思われるかもしれませんが、会社の書類の一つです。給与支払証明書とは源泉徴収票と同じように企業ごとに書式が違います。ですから、友人などが持っている給与支払証明書とは自分のものと異なっていて不安になるという場合もよく起こりますが、心配ありません。

給与支払証明書とは期間は自由に指定できる

給与支払証明書とはどんなものなのか気になると思います。大きな違いはその算出される期間です。原則的に源泉徴収票は1年間の給与の支払いに関して企業が発行するものですが、給与支払証明書とは期間は自由に申請する社員側が指定することができます。つまり半年分の給与支払の金額を出してほしいと希望すればその通りにしてもらえます。

労働者にとって給与支払証明書の発行は受けるべき権利

企業が発行する書類というのは、法律で定められているように義務が発生しているものです。ですから、源泉徴収票や給与支払証明書とは企業側が面倒だから発行したくないということができません。これは逆に言うと労働者にとって給与支払証明書の発行は権利ですから、住宅ローンなどの申し込みで必要になった時には、企業側に発行をお願いしましょう。

給与支払証明書の発行理由は必要ない

証明書の発行の時に理由を言わなくてはいけないのではないか、と思って不安に感じられる方も少なくないでしょう。しかしながら、求めがあったら、無条件に発行するのが企業側の役目ですから、理由を伝える必要は一切ありません。また、給与支払証明書とは金額と企業名と社判がそろっていることが最低限必要になりますから、受け取った時には必ず確認しましょう。

保険書類における扶養控除を受けるには給与支払証明書が不可欠

証明書自分のローンを組むときにも必要な給与支払証明書ですが、家族の方が保険などの書類を作るときに扶養者を証明するときにも給与支払証明書とは非常に重要な役割を担います。家族がいる、というだけでは扶養控除などが認められないためで、ちゃんと正確な所得を証明する時に給与支払証明書とは欠かせない書類になっています。源泉徴収票とセットにすることで、より正確に収入の状況が分かるわけです。

企業が発行する給与支払証明書とはローンや保険の扶養控除手続きに必要となる

ローンを組んだりする際に必要になる収入の証明書。源泉徴収票を提出するのが一般的です。給与支払証明書とはその証明書の中の一つで、大口の融資であったり、保険の扶養控除などの手続きをするときなど、より正確に収入の状態を知るために使われている書類です。給与支払証明書とは企業側が労働者の請求があった際には発行する義務を負うもので、言えば必ず発行してもらえます。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職