「その通り」はNG表現?仕事での正しい敬語の使い方

2016年12月9日敬語

若い世代の人は敬語の使い方に気をつけよう

Border 597383 1280

ある程度の年代になれば、正しい敬語で話をすることができるものです。しかし、仕事を始めたばかりの若い世代は間違った敬語の使い方をしてしまうことが多いため、特に気をつけなければなりません。たとえば、『その通り』という表現を気軽に使う人が目立っています。『その通り』という表現は、仕事の場で使う敬語としては適切な表現ではありません。別の表現に切り替えるようにする必要があります。

敬語が身についていない場合は早い段階で対策が必要

慣れていないと、友人同士の会話で用いる表現と、仕事で用いる表現が同じになってしまいます。仕事では、敬語で話をするのが基本となっているため、正しい敬語を身につける必要があるのです。気軽に『その通り』と言ってしまう人は、敬語が身についていない可能性が高いので、ビジネスマナー講座を受講するなどして、早い段階で正しい敬語の使い方を習得することが大切です。

■日頃の意識がとても大切

言葉遣いというのは、しっかりと意識していないと日頃の癖が出てしまいます。特に、『その通り』のような表現は日常的にも頻繁に用いる表現なので、つい仕事でも使ってしまうものです。『その通り』という表現は、たとえば『おっしゃる通り』などの表現に変えるように工夫をしなければなりません。

自分自身で使い方を見直してみよう

適切な敬語を使うことができていないと、上司からの信頼を得られなくなります。新入社員として仕事を始めたばかりであれば、敬語の使い方を間違えていると訂正してもらえることが多いです。しかし、仕事に慣れてくると、敬語の使い方が間違っていても、誰からも指摘してもらえなくなります。もちろん、指摘されないから正しいというわけではないのです。自分自身で、正しい敬語を使うことができているか、きちんと見直すようにしなければなりません。

「その通り」ではなく「おっしゃる通り」を使おう

「その通り」という表現を使ってしまうのは、相手の意見に賛同する場面が多いです。じっくりと考えた上での賛同であれば、「その通り」とは言わず、きちんと「おっしゃる通り」などの表現を用いることができますが、仕事の場でも話の流れで賛同する場合、つい「その通り」と言ってしまうケースがあります。

「正しい敬語を使える」というイメージ作りが重要

咄嗟に正しい敬語を使えるかどうかは、慣れの問題がとても大きいです。昔から『その通り』と頻繁に言っていた人は、特に気をつけて話をするようにしなければなりません。咄嗟の場面では、口癖が出てしまうことが多いです。仕事の会話であっても、『その通り』と言ってしまっただけで破談になることは考えにくいですが、正しい敬語の使い方を知らない人間だというイメージをもたれてしまうと、そのイメージを覆すことは困難なので、注意が必要なのです。

「その通り」は敬語にならないので仕事上では使うべきでない

仕事で話をしていて、相手の意見に賛同する場面があります。その際に、つい『その通り』という表現を使ってしまう人が多いのですが、「その通り」は敬語にならない表現なので、注意しなければなりません。たとえば「おっしゃる通り」などの表現を用いるようにします。正しい敬語を使えるようになるには、慣れが必要になるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK