「ご認識の通り」という言葉の使い方と注意点

敬語

「ご認識の通り」は「分っていると思いますが」の敬語

Business 106694 1280

「ご認識の通り」は、主に顧客や取引先など目上の方に対して用いる言葉として広く活用されています。本来の意味は、相手の方の考えに対してこちら側も理解していると表現する言葉にあたり、「分かっていると思いますが」の敬語です。基本的には、「ご認識の通り」を素直に用いる使い方で問題ありません。

間違った敬語と認識される場合もあるので注意が必要

「ご認識の通り」は、既にビジネスの場面や一般的な生活の中でも定着しています。しかし、実はこの敬語は本来、敬語としては間違った使い方の1つとされています。「認識」に尊敬語となる「ご」を付け加えた「ご認識」は、本来は敬語には存在しない表現です。特に、高齢の方など敬語に対してこだわりを持っている方に使用する際には、「ご認識の通り」という使い方はあまり相応しくなく、できるだけ避けた方が良いでしょう。

「ご認識の通り」は会話の冒頭に入れる使い方が適切

「ご認識の通り」は、主に会話や文章の冒頭部分に用いる使い方が適切です。「ご認識の通り」を文頭に用いたので、その詳細や内容についての説明を行うと、ダブルチェックできます。ただし、この言葉を冒頭部分に使用する際には、必ず文末など語尾部分にもこれに相当する敬語を入れる使い方をしなければなりません。「ご認識の通り」に対する敬語として適当なものとしては、「~でご理解戴けると幸いです」や「~でよろしくお願い致します」などになります。これらを語尾に活用することで、相手の方に対する礼儀を一定に保てるのです。

使い方によっては無礼とみられる可能性もある

ただし、「ご認識の通り」は、使い方によっては、相手の意見や考えを敬いながら了承する言葉としてではなく、無礼と見なされる危険性があります。特に、1度の会話の中で何度も繰り返し使ってしまうと、相手の方の考えを逆に馬鹿にしているととられる危険性があるのです。アフターサービスやクレーム受付の際に使用する際には、使い方に注意しましょう。

くどい場合は「ご認識の通り」と同様の意味の言葉を併用すると良い

「ご認識の通り」自体は、ビジネスシーンでも広く活用する言葉のひとつです。会話の中に何度も登場してしまう使い方をすると失礼に当たるため、注意が必要です。「ご認識の通り」を使用したい場面にもかかわらず、既に前段階で使用してしまっている場合には、似通った意味を持つ言葉を併用すると良いでしょう。「ご認識の通り」と同様の意味を持つ敬語としては、「ご存知の通り」やご「理解戴いている通り」などがこれに該当します。

「おっしゃる通り」も使える言葉のひとつ

「ご認識の通り」は、上記の他に「おっしゃる通り」などと併用しても使えます。相手の考えに相当する認識とは違い、相手の発言を意味する「おっしゃる」に該当する言葉です。若干の違いはありますが、どちらも相手の意見に対する同意に当たるため、活用すると幅が広がるでしょう。また、「ご明察の通り」や「ご推察の通り」など、それぞれの言葉を状況に合わせた使い方もおすすめです。

「ご認識の通り」会話の冒頭に入れるのが正しい使い方で多用しないように注意しよう

敬語は非常に難しい表現方法ながらも、ビジネスシーンを中心に、目上の方に対して接する場合には必ず使用しなくてはなりません。中でも、頻繁に使用される言葉の1つとして、「ご認識の通り」という表現があります。基本的には、会話や文章の冒頭に入れるのが正しい使い方です。「ご認識の通り」を使用する際は、一度の会話での複数利用を避けるほか、語尾に必ず対応した敬語を入れるなど、正しい使い方を理解しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス