「今しばらくお待ちください」の使い方や注意点

敬語

「今しばらくお待ちください」は少しの間・しばしと同じ意味

Handshakes 930178 1280

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。少しの間、しばしなど表現されます。

前置きを使いうまく表現しよう

「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。

「いま定期講座の準備期間中です。たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」

「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」

「現在サイトを改修中です。今しばらくお待ちください。」

このような表現によって、会話を構築することができます。

「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語

「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。

接客や接待時には使い方に注意する

「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。表現や適切な使い方があります。ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。

「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる

仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。

あらかじめ断りを入れる際に用いる

「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。

「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう

相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス