「とりあえず」はNG?上司に使える敬語表現【ビジネスマナー】

2016年11月29日敬語

「とりあえず」に代わるビジネス敬語

1024 cc library010001397

「とりあえず」は、普段の生活で用いる分には問題はありません。ですが、「とりあえず」という言葉からは、尊敬の念や敬意を感じ取ることは難しく、ビジネスの場における適切な敬語表現とはいえません。では、そういった時に「とりあえず」と言いたい時、どういった表現を代わりに用いればいいのでしょうか?

「ひとまず」や「まず」を使う

上司や、目上の人に対して「とりあえず」と言ってしまい、嫌な顔をされたという人もいると思います。「とりあえず」という言葉自体は、普段の日常生活で使う範囲であれば問題はありません。しかし、「とりあえず」という意味の言葉を使いたいのであれば「まずは」や「ひとまず」と言いかえましょう。

「ひとまず」や「まず」を使った正しい例文

例えば、「ひとまず、先方に掛け合います」や「まずはお見積書をお送りします」などは、「とりあえず」を使うよりも、礼儀正しい印象を相手に与えるため、ビジネス敬語としては適切な言葉であるといえます。

「とりあえず」の他に「取り急ぎ」や「一応」もビジネス敬語として好ましくない

「とりあえず」以外にも、相手にネガティヴな印象を与えてしまう言葉がいくつかあります。「取り急ぎ」や「一応」といった「とりあえず」と同じような意味を持つ言葉も、ビジネス敬語としてあまり乱用するべきではありません。

責任逃れや適当な意味合いが含まれる

「とりあえず」の他にも「取り急ぎ」や「一応」は責任逃れや適当な意味合いが含まれるため、ビジネスの場で用いるのは避けたい表現ですね。ビジネス敬語をきちんと理解して相手に不快な思いをさせないように、くれぐれも注意しましょう。

「取り急ぎ」や「一応」にかわる適切なビジネス敬語

「取り急ぎ」は「手短ですが、お許し下さい」または「用件のみで失礼します」などが、適切なビジネス敬語です。「一応」に代わる敬語表現としては、「おおよそですが~」などが良いでしょう。「まず」や「ひとまず」に加えてこういった敬語表現も覚えておいてください。

「とりあえず」はビジネス敬語ではないので使い過ぎには注意

今まで紹介してきた通り、「とりあえず」はビジネス敬語としてはあまり相応しくありません。また、それ以外にも同じような意味合いを持つ言葉で、同じように相応しくないものも紹介してきました。やはりビジネスの場に置いては、少しでもネガティヴなニュアンスを含んでいる言葉を用いるのは、避けるべきでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK