「される」の敬語を使いこなしてビジネスを有利にする方法

敬語

マナー上手は敬語上手

Home office 336377 640

社会人の必須スキルのひとつとして、「敬語を上手に話せること」という項目があります。「される」「お~になる」などの尊敬語は、相手を敬う、丁寧な尊敬語のひとつです。このような言葉を使うことによって、相手の立場を尊重して、良いイメージを相手に印象づけることができます。ビジネスマナーと的確な言葉の選び方を心えて、ビジネス上手を目指していきましょう!

ビジネスシーンでよく使う敬語は覚えておこう

友だち同士のフリートークなどと比べて、ビジネスで必須となる「~される」などの敬語は、よく使う言葉のひとつとして頭に入れておくことが大切です。「敬語力には自信がない」と思っている人こそ、ボキャブラリーの少なさに頭を悩ませていることが多いもの。実践で活かせる「生きた敬語」をいくつかおさえておくことによって、商談やミーティングで即活用できるビジネススキルを、積み上げていくことができます。

「~される」相手のアクションに対して使おう

「~される」という尊敬語は、「相手のアクションに対して使う言葉」となります。自分よりもポジションが上の人に対して使う敬語になるため、「ゴルフをされる」「料理をされる」「退席される」「来場される」などのフレーズとして用いていきます。「田中さんは、休日は何をされているのですか?」なども、打ち合わせ時の雑談として、使える表現になります。ビジネスに活かせられるので、言葉の玉手箱を増やしておきましょう。

「なさる」も、同じ意味の敬語

また「する」の尊敬語「される」と同じような意味合いで使われるのが「なさる」というフレーズです。どちらも相手のアクションに対して用いられる、尊敬語になります。おぼえておくと、いろいろなところで使えて、とても便利だと思います。ちなみに「する」の謙譲語は「いたす」や「させていただく」となります。「いたす」は自分の行動に対して使う言葉なので注意しておきましょう。

ビジネスの場で間違えて使ってしまわないように気を付けましょう。

「生きた尊敬語」をマスターしよう

「~される」などの敬語は、正しく使えてこそ、意味があるものです。「~される」のほかにも、おさえておきたい尊敬語としては「ご覧になる」「いらっしゃる」「召し上がる」「おでになる」などの言葉があります。これらの日本語も、何回も言葉に出して、実際に使うことによって、自分のモノに変化していきます。ビジネスシーンでのナチュラルな言い回しを身につけるためにも、生きた敬語を習得していきましょう。

「される」と「なさる」の違いもチェック

また生きた日本語力・敬語力をゲットするためには「ニュアンスの微妙な違い」について、しっかり認識をしておくことが大切です。「される」も「なさる」も、どちらも尊敬語として用いられることが多い言葉ですが、より丁寧なランク上の言葉としては、「される」よりも「なさる」の方が格上になります。こうした微妙な言葉のニュアンスは、経験を積み重ねてこそ、自分のビジネススキルに繋がっていくものです。

「~される」尊敬語を丁寧に使えばビジネス敬語上級者に

「する」の尊敬語でもある「~される」「なさる」は打ち合わせの席などでも、頻繁にもちいる敬語のひとつです。相手の行動にたいして用いる尊敬語のため、より丁寧で落ち着いたニュアンスを相手に与えることができます。「~される」敬語を実践の場でも用いて、生きた敬語を自分のモノにしてください。言葉の選び方に気を付けることで、取引先の信頼を勝ち取ることができます。ビジネスを有利に進める近道は、敬語を学ぶことです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス