日本独特の文化!知っておきたい敬語の重要性

敬語

日本において使われている「敬語」は3種類から成り立つ

H

日本人が使う言葉の種類として「敬語」があります。これは、会話をする相手に対して敬意を表すための言葉遣いです。尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つに分けられ、場面や相手との間柄によって使う種類が異なります。それぞれの違いを、以下で見ていきましょう。

尊敬語…その場にいない人物を敬う表現方法

謙譲語…自分をへりくだることで人を立てる表現方法

丁寧語…話し相手を敬った表現方法

敬語においてはこの3つを上手に使い分けることで、円滑な人間関係が築けるのです。

生活の中で敬語が使える場面は幅広い

では、そんな敬語はどういった場面で用いられるのでしょうか。主に敬語が用いられる場面は、「職場」です。職場では大事な取引先の人や目上の人と話す機会が多いため、敬語が主といっても過言ではありません。そのため、ビジネスマナーとしても重要視されているのです。また、学校の先生や初対面の人に対しても使います。敬語は、幅広い場面で使える言語だともいえるでしょう。

敬語は相手への心遣いとして重要

では、敬語の重要性について見ていきましょう。敬語が大事な理由として「ビジネスマナーとして重要視されている」と先述しましたが、それだけではありません。実は敬語は、相手への心遣いも意味しています。同じ意味でも敬語を使うことによって、相手は快くその言葉を受け入れることができるのです。例えば目上の人に対して「行こう」と「行きましょう」を使うのでは、大きく印象が異なるでしょう。後者を使った方が、目上の人は快く応じることができます。そうして、円滑な人間関係の形成に繋げられるのです。

日本において敬意を表す敬語は円滑な人間関係を形成するために重要

敬語は日本において、相手を敬う心を表現しています。正しい敬語表現を覚えておき、失礼のないように気を付けましょう。円滑な人間関係のためにも重要なのが、敬語なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月19日ビジネス