「食べる」敬語は?正しい使い方【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

2016年11月29日敬語

「食べる」を尊敬語に変換すると?

Job interview 437026 640

この記事では「食べる」を敬語、つまり「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」に変換する方法について紹介します。

まずは尊敬語です。「食べる」を尊敬語に変換すると何になるでしょうか。

食べるの尊敬語は「召し上がる・お食べになる・食べられる」

「食べる」の尊敬語は「召し上がる・お食べになる・食べられる」です。

食べる人がお客様だったり目上の人だったりする場合は「召しあがる」が正解です。

尊敬語というのは主に目上の人に使う敬語なので、食べるの尊敬語は「召し上がる」と覚えてしまっても良いでしょう!

「食べる」を謙譲語に変換すると?

「食べる」の尊敬語が「召しあがる・お食べになる・食べられる」であることは今見ました。

それでは「食べる」の謙譲語は一体何でしょう?ここでは「食べる」の謙譲語について紹介します。

食べるの謙譲語は「いただく」

食べるの謙譲語は「いただく」です。

先ほど目上の人が食べる場合は「召しあがる」でしたが、お客様や目上の人を前にして自分が食べる場合は謙譲語「いただく」を用いることになります。

ごはんを食べる際はよく「いただきます」という言葉を初めに言いますが、それで自分が使う時は「いただきます」の「いただく」と覚えておくと便利です。

「食べる」を丁寧語に変換すると?

「食べる」の尊敬語が「召しあがる・お食べになる・食べられる」、謙譲語が「いただく」であることは、これまで見てきたとおりです。

最後に「食べる」の丁寧語について紹介します。「食べる」を丁寧語に変換すると何になるか分かりますか?

Quill 175980 640

食べるの丁寧語は「食べます」

「食べる」を丁寧語に変換すると「食べます」です。

特に尊敬語や謙譲語のような、目上か否かを問題にする場面でなければ、「ご飯を食べます」で全く問題ありません。日本語を母国語としている人に紹介する内容ではないかもしれません。

「食べる」の尊敬語は「召しあがる」謙譲語は「いただく」と覚えよう!

食べるを敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)に変換する方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「食べる」の尊敬語は「召しあがる・お食べになる・食べられる」、謙譲語は「いただく」、丁寧語は「食べます」です。

例えば書くの敬語を尊敬語や謙譲語に変換する際は「お書きになる」と「お書きする」であるのに比べると、「召しあがる」や「いただく」のように暗記を要するので、若干難しいかもしれません。とはいえ、学校の時に昼食で「いただきます」や「いただきました」と言っていたことを思い出せば、「召しあがる」させ覚えれば楽勝でしょう。

「食べる」の敬語に変換する方法は以上です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK