前職で取引した顧客へ営業する場合の注意点~違法性や影響について解説~

2016年12月19日前職, 営業職

前職の顧客に営業をかけることはあまり良い印象を持たれない

Handshakes 930178 1280%20(1)

転職すると、そこで培ったスキルだけでなく人脈も活かしたいと思うものです。転職先で活躍しようと前職の顧客に営業をかけることがあるかもしれませんが、これはおすすめしません。営業をかけられた人からもあまり印象は良くないのです。

前職の顧客はあくまでその会社との間にある信頼関係なので、それを競合や同業種の会社に持ち出すのは印象として良くないのです。また、法律的にも見てもおすすめできない行為だといえます。

前職の「得意先」を奪ったら法律違反となる可能性が高い

転職して前職の顧客に対して営業し、契約を取ってしまうことは法律に違反するケースがあります。前職で得た顧客の情報は会社にとって「営業秘密」に該当するため、これを競合や他社の利益のために使うと不正競争防止法に違反する可能性があるのです。特に同業種の場合は注意しましょう。

転職する際は誓約書の内容をしっかり確認しよう

上述したように前職の顧客に営業をかけると、ケースによっては不正競争防止法に違反する場合があります。そうなると損害請求される可能性も高いです。

会社にとって営業秘密にあたり、転職後口外してはいけないものは退職後に書く誓約書に記載されています。これを必ず見直しておきましょう。顧客情報だけでなく独自のノウハウに関しても口外できないものがあります。転職後の信頼にも関わるので注意しましょう。

前職の顧客に営業すると不正競争防止法に違反することもあるので注意しよう

前職で取引した顧客と営業する場合は、法律に違反するケースがあるため注意しましょう。特に同業種、競合企業に転職した際は注意が必要です。顧客情報は営業秘密にあたるため、場合によっては損害請求される可能性があります。退職時の誓約書をしっかり確認し、転職先でも仕事に励みましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月19日転職

Posted by BiZPARK