営業で「YES」と言わせるテクニック

2016年12月20日テクニック, 営業職

営業マンであればお客様に「YES」と言わせるのが仕事

Business man 358893 640

営業として働いているのであれば、お客様に「YES」と言ってもらい契約をとるのが仕事です。成績の良い営業マンを目指すのであれば、「YES」と言わせるテクニックを身に付けるようにしましょう。

「YES」と言わせるテクニック①:言葉遣いに気を付ける

営業マンが「YES」と言わせるテクニックのひとつとして、言葉遣いが挙げられます。相手の雰囲気を察知できたとしても、すぐにフランクになり過ぎないようにしましょう。最初からフランクに行き過ぎると、信用のならない人だと思われる可能性があります。

「YES」と言わせるテクニック②:警戒心を解く

相手が警戒心を抱いているうちは、なかなかYESとは言ってくれません。警戒心を解くためにも、いきなり本題にはいるのではなく、簡単な自己紹介や世間話をして相手をリラックスさせるようにしましょう。

打ち解けてきたら固すぎない話し言葉でも可

上記では言葉遣いに気を付けることがテクニックだと言いましたが、時間をかけ相手の警戒心が解けてきたらあまり少しずつ言葉をフランクにしてもいいでしょう。ずっとかしこまった堅い話し方でなくてもいいのです。ただし、慣れ慣れしすぎないように注意しましょう。

「YES」と言わせるテクニック③:質問して相手の要望を聞き出す

3つ目にご紹介するテクニックが、相手との会話の仕方によるものです。最初の段階の会話では、なるべく質問形式にして、相手の求めているものや不安を聞き出すようにしましょう。そうすることで、こちらは何を提供すればいいのか見えてきます。

話を聞いているときは「うなずき」も必要

会話をしている中で、話す方は相手の反応がないとしっかりと話を聞いているのか不安になるものです。そのため、相手が話しているときは「うなずく」などのジェスチャーで聞いていることをアピールするようにしましょう。

「YES」と言わせるテクニック④:ストレートな意見を伝える

最後に紹介するテクニックが、ストレートに意見を伝えることです。これは、上記のテクニックを身に付けたうえで行うようにしてください。相手の警戒心も解き、ある程度フランクにお互いはなせるようになった、質問することで相手の要望も把握した、これらがそろえれば、あとはあなたのストレートな意見を伝えるといいでしょう。

営業が「YES」と言わせるテクニックとしては関係を築くこと

営業が「YES」と言わせるテクニックについてご紹介してきました。営業をするとき、上記のようにまずは話し方を意識して、相手の警戒心からほどいていくようにしましょう。そして相手の話を聞きながら、何を希望しているのか読み解き、あなたの商品を売り込むようにしてみてください。テクニックを掴んで来たらきっと「YES」と言ってもらえる日があります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK