内定通知にお礼状を出すのは絶対?書き方と送るタイミング

2016年12月20日お礼

内定通知へのお礼状はあくまでも感謝を伝えるためのもの

E

内定を貰った際にお礼状を送るのは、常識のように考えられています。しかし、お礼状を送らなかったからといって、内定が取り消しになるわけではありません。お礼状は、あくまでも内定への感謝を伝える文書です。そのため「常識だから」「送らないと自分の印象に関わる」などの理由で送るものではないといえます。あくまでも自分の感謝の気持ちを伝えるために、お礼状があるのです。まずはその部分を理解しておきましょう。

お礼状の書き方としては6つの内容を押さえておく

内定通知に対してお礼状を送りたいといった場合、その書き方に迷う人は多いです。大事なのは「感謝を伝えること」と分かっていても、それ以外に何を書けばいいかわからない人は珍しくありません。そこで、お礼状に書いておくべき内容をご紹介します。以下の通りです。

①書き出しの挨拶

②お礼(感謝)と喜ぶ気持ち

③入社までの豊富

④今後に対する挨拶

⑤改めてのお礼

⑥文末の挨拶

この6つを押さえておけば、内定通知に対して充実したお礼状を返信できるでしょう。豊富について具体的に書くと、相手にさらに良い印象を与えられます。また、前後の名前も忘れないように注意してください。

内定通知へのお礼状はなるべく早く送ったほうが好印象

内定通知に対するお礼状は、どのタイミングで送ればよいのでしょうか。これは、早ければ早いほど良いとされています。そのため、内定通知を貰った当日や翌日あたりがベストといえるでしょう。迅速にお礼状を送れば、社会人としての素早い対応もアピールできます。ただ、もし数日後に内定承諾書などが届く予定なら、その到着を待ってからでもOKです。同封して送ることで、企業側も確認の手間が省けるでしょう。

内定通知へのお礼状は感謝の気持ちを伝えるもの!なるべく早めに送ろう

希望していた企業から内定通知が届けば、とても嬉しいですよね。それを伝えるために存在するのが、「お礼状」です。お礼状を作成する際の書き方としては、感謝の気持ちや入社までの抱負が大切となります。送るタイミングとしては、なるべく早い方が良いでしょう。お礼状以外に提出書類がある場合は同封した方が、企業側の手間を減らせて親切です。これらの書き方とタイミングを知っておくことで、失礼のないお礼状を作成しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK