離職率の高い業界への就職・転職は営業内容を慎重に調べてみる

営業職, 離職

人材派遣業

人材派遣会社における営業マンは、派遣先の企業から依頼された要望にマッチした派遣スタッフを見つけるなど、派遣スタッフの管理が主な業務になります。他にも、新規開拓として人材派遣の企画を企業に提案するなどの業務を行うこともあります。

離職率が高い理由

人材派遣会社の営業マンは、派遣先の企業と派遣スタッフの間に立って仲介する立場にあるのです。そのため、派遣先の企業と派遣スタッフが合わずにトラブルに発展することも多くその問題解決を行うのに、精神的なストレスを抱える人が多いようです。さらに、仕事に拘束される時間が長くなることもあり、人材派遣会社の営業マンの離職率は高いです。

不動産業

不動産業界の仲介営業は、賃貸営業や個人住宅などを売買する際の仲介を行います。企業にもよりますが、ノルマが課せられている企業もあるのです。他にも、物件の管理や必要な資料の作成・準備、広告のポスティングなど、やるべきことがたくさんある仕事なのです。

離職率が高い理由

不動産業は大手を除けば、敷居が低く入社しやすい特徴があります。また、退職する人も多いのも特徴です。不動産業界は営業を頑張っても、成果を出すのはなかなか難しい職業なのです。休みが取りにくく、休日でも電話がかかってくることが多い不動産業は、社員同士で話をする機会が少ないことも、離職率の高さにつながっているようです。

まとめ

ここでは、離職率が高い職業として人材派遣会社の営業マンと不動産業の営業マンを取り上げました。この二つに共通することは、休みもまともにとれない激務な仕事だということです。休みを取得するのが難しくて、離職率が高い職業は他にもたくさんあるでしょう。

楽しくて仕方がない。休みを返上してでも働いていたいという方もいるかもしれません。しかし、自分の生活スタイルや考え方にあった仕事を選ぶことが一番でしょう。

自分が就きたいと思っていた職業が、離職率の高い業種の時は一度どうして辞める人が多いのかを確認し、しっかり理解したうえで働くことをおすすめします。そうすることで、会社のマイナスイメージともいえる離職率も抑えられるのではないでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月20日ビジネス