「ご要望」と「ご所望」の違いと正しい使い方

敬語

「ご要望」と「ご所望」の意味に明確な違いはない

Job interview 437026 960 720

「ご要望」と「ご所望」には、どちらも「望む」という意味が含まれています。誰かが何かを望んでいるという部分では違いはありません。「ご」が言葉の前についているので、敬語に属し、丁寧な表現が必要になる相手に対して使います。また、読み方は「ご要望」は(ごようぼう)ですが、「ご所望」は(ごしょもう)となるので、違いと一緒に覚えておきましょう。

言葉が指す対象に微妙な違いがある

「ご要望」と「ご所望」の違いは大変微妙なものですが、対象の具体性に注目するとわかりやすくなるでしょう。「ご要望」を使う際は、相手が望まれている全体的な部分が含まれています。一方、比較的使用頻度の少ない「ご所望」ですが、使う際には「ご要望」とは違い、対象のものがあったり、絞られた領域であったり、ピンポイントな望みについて話したり、聞いたりするときに使われるのです。したがって、2つの違いは言葉の指す対象にあると理解しておきましょう。

「ご要望」は方法や手段を望む場合に使う

「ご要望」と「ご所望」の違いを深めるために、言葉の使用例を紹介しましょう。「ご要望をお伺いします」「ご要望を承りました」などで使われる要望の中身は、こちらからの行動での対応や処理が望みを叶えるのに必要になる場合が多いです。「ご要望」は方法や手段を望む場合によく使われます。この方法ですと「ご要望に沿った内容に近づくことが可能かと存じます」などとして使えるでしょう。

抽象的で複数を指す場合がある

「ご要望にお応えできるよう尽力いたします」とする場合、その望みを叶える方法や手段がひとつとは限らない場合もあります。「ご要望がありましたら何でもおっしゃってください」「ご要望をお聞かせください」と言って受ける「ご要望」は、抽象的であったり、複数であったりする場合も考えられるでしょう。これもまた、「ご要望」と「ご所望」の違いでもあります。

「ご所望」はピンポイントで使われる

では、「ご所望」の使用例も「ご要望」との違いを理解するのに見ておきましょう。「ご所望」は、「ご要望」とは違い、望まれたものに対してピンポイントで使われるのが特徴です。「お客様ご所望のパンフレットをお持ちしました」「どのようなタイプのお召し物をご所望されていますか?」「どの部分の変更をご所望されていますか?」「一席の飽きがございますのでご所望の方がおられましたらご連絡ください」などの使い方をします。

物質的なものを望む場合にも使われる

このように、ある特定のものを指して、相手の望みを表現するのが「ご所望」です。また、「ご要望」との違いとして「物質的なものを欲する」場合に使われるのも、「ご所望」の使い方の特徴でしょう。「お水をご所望ですか?」「ご所望の品をお持ちいたしました」「その曲をご所望でしたら演奏させていただきます」などのように使うと、自然な丁寧語になるでしょう。

「ご要望」は方法や手段を望む場合・「ご所望」は望む物にピンポイントで使う違いがある

「ご要望」と「ご所望」の違いについて、使い方から見ていきました。ビジネスのシーンでは、比較的ご要望を使う頻度が高い傾向にあるようですが、特定の物質的なものについてご所望を使えるようになると、敬語や丁寧語をワンランクアップさせられます。「ご要望」と「ご所望」の違いを把握しておけば、ビジネスシーンの会話やメールなどでも使えるでしょう。くれぐれも自分の要望や所望するものについて、「ご」をつけてしまうことのないよう気を付けてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス