誠意が確実に伝わる謝罪の仕方とお詫びのフレーズ集

2016年12月9日謝罪

誠意ある謝罪・お詫びの仕方とは

Japanmakake 585086 640

誠意ある謝罪・お詫びの仕方とは何でしょうか?

まずは、お詫び・謝罪の仕方で気を付けておきたいビジネスマナーをみていきます。誠意ある謝罪の仕方について考えてきましょう。

誠意ある謝罪・お詫びの仕方では原因を理解しておくべき

誠意ある謝罪・お詫びの仕方では原因を理解しておくべきです。

なぜお詫びをしなければいけないのか、理解していないと誠意ある謝罪の仕方はわかりません。ビジネスマナーについてお詫びしているのか、ミスについてお詫びしているのか、何に対してお詫びしているか理解する必要があります。

謝罪・お詫びは再発防止案を持っていること

謝罪・お詫びは再発防止案を持っているべきですので、ここのポイントについてはしっかりと覚えておきましょう。

ビジネスシーンでは、謝罪やお詫びをするのではなく、謝罪の仕方として、再発防止案を持っていることが大事です。ビジネスマナーを守ったお詫びを並べただけでは意味がありません。お詫びと反省の気持ちを持つことが重要です。

誠意ある謝罪・お詫びの注意点

誠意ある謝罪・お詫びの注意点を知っておけば謝罪やお詫びをしたときも失礼がないように、謝罪・お詫びができます。

上記では、誠意ある謝罪の仕方についてみてきました。続いで謝罪の仕方の注意点をみていきましょう。謝罪の仕方は最もビジネスマナーが重視されます。

誠意ある謝罪・お詫びの注意点:最初から多弁にならない

初めから一方的にお詫びの言葉や反省の弁を並べる謝罪の仕方には注意しましょう。相手の言葉を受ける必要があります。お詫びを言うだけでは正しい謝罪の仕方とはいえません。

誠意ある謝罪・お詫びの注意点:言い訳をしない

よく言われることですが、はじめから言い訳じみた謝罪の仕方は返って相手を怒らせるだけです。ここで注意していただきたいのが、再発防止策と言い訳を同じにしないことです。

ビジネスマナーを意識した、誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ

誠意ある謝罪の仕方と注意点はおわかりになりましたでしょうか。最後にビジネスマナーを意識したお詫びのフレーズをみていきましょう。

Girl 517555 640

誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ:「連絡が遅くなりまして、大変ご迷惑おかけしました」

幅広い場面で使えるお詫びの基本フレーズ。前者は実害を与えた場合に使い、後者は心の負担をかけた場合に使います。たとえば、

「連絡が遅くなりまして、大変ご迷惑おかけしました」「先日は突然入院することになってしまい、ご心配おかけしました」のように使います。

誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ:「お詫び申し上げます」「ご迷惑をおかけしました」

「ごめんなさい」の敬語 は「申し訳ありませんでした」です。さらにかしこまると「お詫び申し上げます」と変化します。

また相手に負担をかけた場合は「ご迷惑をおかけしました」や「ご心配をおかけしました」と言いましょう

誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ:「この度はお騒がせしました」

周囲を騒がせるような出来事を起こした後、事態が収拾した後に使うお詫びの言葉です。直接迷惑をかけていない相手でも、事情を知ってる仕事の関係者には一言伝えるのがビジネスマナーです。

誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ:「あってはならないことでした」

大きなミスをしてしまった場合に使う反省の言葉です。謝罪の仕方として「見積もりのXX間違いなど、あってはならないことでした。本当に申し訳ありませんでした」のように使って、深い反省を示します。

誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ:「勉強不足で申し訳ございません」

例えば、自社の製品についてお客から質問されたとき、知識不足で回答できなかった場合にこの言葉を使います。

誠意ある謝罪・お詫びのフレーズ:「今後は不手際がないように注意します」

ミスへの反省と、ミスを繰り返さないことの宣言によって、謝罪の気持ちを示しています。具体的に対策を述べるのがビジネスマナーです。

謝罪・お詫びではビジネスマナーはおさえ不快にさせないように心がける

謝罪・お詫びの仕方で気を付けておきたいビジネスマナーについて、紹介していきましたが、参考になりましたでしょうか?

謝罪・お詫びの仕方で気を付けておきたいビジネスマナーは、絶対に守るようにしましょう。

謝罪・お詫びの仕方次第では、商談が破断になってしまったり、先方との取引もなくなったりすることは少なくありません。

謝罪の気持ちをちゃんと伝えるためにも、ビジネスマナーとしてのお詫びのフレーズを学んでおきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK