「教えていただく」という敬語の状況に応じた使用例

2016年11月29日敬語

「教えていただく」の敬語を学校で使う例:先生に勉強を習う場面など

Nepal 827596 640

教えていただくという言葉を、最初に使うのは、おそらく学校などの場だと考えられます。もちろん学生の時は敬語を使うことも少ないかもしれませんが、先生方に勉強を「教えていただく」というシチュエーションとなります。例えばこういう時、もちろん先生に「教えていただく」という敬語を使うのが最適ですが、学生自身は難しいものです。

先生に勉強を習うことは「教えていただく」になる

学校で教えていただくことはたくさんあります。例えば授業や友人の作り方、共同生活の送り方など、それぞれのシーンによって、学校の先生に教えていただくことができます。それを言葉にするのは難しいのですが、日ごろから正しい敬語として使うようにしておくと、社会人になってからでも正しい日本語を使っていくことができるでしょう。適切な敬語を使えることが、後々大きな財産となります。

「教えていただく」の敬語を会社で使う例:上司や取引先など

会社で敬語を使うことも多々あるでしょう。特に上司などに仕事を教わる新人の時期は、「教えていただく」という言葉を使うことも多くなります。上手に使えば、上司などの評価も高まり、社会人としての質も高くなっていきます。色々と言葉遣いに厳しい上司もいるので、例を参考に正しい敬語の使い方をマスターしておくことが重要だと言えるでしょう。

会社での「教えていただく」は社会人の必須スキル

具体的な例としては、「この仕事の内容がわからないので、教えていただけませんか」というのが正しい使い方です。中には「教えてくれませんか」という方もいますが、正しくは「教えていただく」がベースになっているので、使い方には十分注意しましょう。敬語は社会人としての必須スキルと言えるので、しっかりと使えるようになりましょう。

「教えていただく」の敬語を年配者に使う例:自分より年上のお年寄り相手など

年齢を重ねている方を敬う時にも、「教えていただく」は使うことが多いです。敬語というのは、尊敬する意味を込めて使うものなので、基本的に自分よりも年齢が高い人を敬う時に使いましょう。特に年配の方やお年寄りの方から恒例的な知恵をいただく時は、「教えていただく」などの言葉遣いをしっかりしておくだけでも、相手も自分も気持ち良いものです。

目上の方の「教えていただく」は年長者への敬意を示す

年齢が上の方やお年寄りの方の言葉には、耳を傾ける姿勢が重要です。「先日の○○について、教えていただけませんか」と聞く竹で、相手からの印象も良くなるでしょう。ただ、近しい関係の人であれば、必ずしも敬語であるという必要がない場合があります。それは文化の違いなどによっても使い方の例が異なるので、単に敬語が最重要というわけではないとも言えます。

「教えていただく」は例え目上の相手でも立場や状況によりニュアンスが変わる敬語である

「教えていただく」ことは、知識をいただくということと同義です。だからこそ、例のようにしっかりと丁寧な言葉遣いで使いたいものです。なかなか「教えていただく」という言葉を使う機会というのは少ないかもしれませんが、日ごろから敬語の練習はしておきましょう。例えば、新社会人では敬語が上手く使えず、上司や先輩から怒られる場合もあります。より敬語が必要になることも多くなるので、知っておくだけでも社会人生活が上手くいくかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK