敬語で構成する文章を間違いやすい状況とは

敬語

敬語で多忙を察する状況で「忙しいこととご拝察します」は間違い

Gf01a201503270000

敬語の文章で忙しいという状況のNGの例があります。忙しいと文章で伝える状況には、「○○様はお忙しいこととご拝察します。」などという敬語の使い方をする人も少なくありません。しかし、これは使い方が間違っている敬語の例です。敬語で忙しいと伝える状況には別の使い方をします。分かりやすく解説をしているので敬語の文章の使い方の参考にしてみてください。

「ご多忙のことと拝察申し上げます」が伝わりやすい

尊敬する相手を想像するという意味合いで使うご拝察は使いません。使う状況には「ご」をとって拝察と使うようにすることが大切です。敬語の文章で忙しいと伝える状況の例としては、○○様にはご多忙のことと拝察申し上げます。などという敬語の文章にするのが伝わりやすくておすすめです。拝察には「ご」は付けないという点に注意をする必要があります。

お客様に気付いた点などについて伝えたい状況で「進言」は使わない

敬語の文章でお客様に気付いた点などについて伝えたい状況で使う敬語ですが、進言という言葉は使いません。お客様に気付いた点を伝えたい状況でご進言などという敬語を使う人がいますが、これは目上の人に使う敬語の文章なのでお客様には使いません。どのような敬語の使い方でお客様に伝えるのが良いのかなどについて分かりやすく説明をしていきます。

「お気付きの点がありましたらご指摘ください」を伝えると効果的

敬語の文章でお客様に気付いた点を伝えたい状況には、何かお気付きの点がありましたらご指摘くださいというふうに伝えるのが効果的です。ご進言くださいなどと伝える敬語は、間違った敬語の使い方なので注意が必要です。また、別の言い方としては、何か気付いた点がありましたらお知らせくださいなどがあります。伝わりやすい敬語なのでおすすめと言えます。

初めてメールをする状況で「お世話になっております」という使い方はNG

初めての人に敬語でメールをする状況でも敬語の文章を使いますが、「お世話になっております」という使い方はNGなので注意が必要です。お世話になっております。というのは、初めての人に使う敬語ではないので、初めての人には別の敬語を使うことが大切です。この点は敬語の文章の使い方で間違えやすいポイントでもあるのでしっかりと抑えておくことが大切と言えます。

「初めてメールさせていただきます」と丁寧に伝えよう

敬語で初めての人にメールをする場合に使う敬語なのですが、「初めてメールさせていただきます。」というふうに使います。初めての人にメールをする場合には、この敬語を使うようにすることが大切です。敬語で挨拶をする場合には、メールなどで「お世話になっております。」と伝えることが多いのですが、初めての人は別の言い方をするので注意が必要と言えます。

敬語の文章は顧客や初対面の方とやり取りする状況で間違えやすいので気をつけよう

敬語の文章でメールなどを送る場合には、使い方に気を配るようにすることが大切です。敬語も、目上の人に使う敬語と初めての人に使う敬語など様々な種類のものがあります。上手に使い分けることが大切なので敬語の文章の書き方などを練習して書き慣れておくようにするのもおすすめと言えます。「ご」の使い方も様々なものがあるので敬語を使うときには注意をしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス