警察官の職種の一つである機動隊の仕事内容

公務員, 機動隊, 警察官

機動隊の仕事内容は警護業務や暴動鎮圧の為の武力行使

Russia 881060 960 720

警察官の中で機動隊というのはどういった位置づけになるのでしょうか。まずは機動隊の仕事内容を見てみましょう。例えば暴動や要人警護の映像で盾を構えている人を見たことは無いでしょうか。それが機動隊です。彼らは特に警護業務を行い、警護以外にも鎮圧のための武力行使を行うこともあります。また、災害救助において派遣されることもあります。自衛隊のような活動をしていると言えるでしょう。

体力がある人に向いている仕事

特に体を酷使する仕事なので体力が無ければ勤まりません。逆に言えば、体力のある人物にふさわしい仕事と言えます。警察というのは剣道や柔道が強いことでも有名ですが、こうした人々は特に機動隊員として優秀な警察官と言えるでしょう。もし武道に精通し、そこで鍛えた能力を発揮したいと思うのであれば機動隊は最適な環境となります。

機動隊の警察官の階級は巡査にあたる

では機動隊員の警察官の階級とはどのようなものなのでしょうか。これは多くが巡査となります。また、分隊長として巡査部長が就く事になります。それから小隊長に警部補、中隊長に警部、そして隊長には警視となります。いわば係長ごとに分隊を作るような形です。隊員はあくまでも巡査となります。

最も大変な役回りがある仕事

機動隊の隊員というのは最も大変な役割のある仕事です。一番若く体力があり、かつ命令を下されます。人によってはかなり苦労する立場となります。ただ、こうした事を楽しむことができ、喜びを感じるのであれば良い仕事としてこなすことができるでしょう。

機動隊になるには地方公務員として警察署に勤務する必要がある

ではこうした機動隊員の警察官になるにはどうすれば良いのでしょうか。それは何よりも警察官の部署なので警察官にならなければいけません。まずは地方公務員としてどこかの警察署に勤務することになります。そこで働きつつ、機動隊への道を考えていきましょう。

武道関係で成績を残すことも機動隊に入る一つの手

先にも述べたように、警察官は武道に精通しています。こうした武道の大会で成績を残せば、機動隊へ入るに足る人物だと評価されるでしょう。とにかく体力が無ければ機動隊員としては働けないので、こうした武道での活動に力を入れる事は一つの方法です。また、上司の立場からすれば人事異動で誰かを機動隊に回さなければならない場合という事もあります。そういったときには立候補するだけで機動隊に入れるかもしれません。

警察官となる機動隊の仕事内容は警護業務や暴動鎮圧の為の武力行使で体力がある人に向いている

機動隊の警察官の仕事内容について見てきました。機動隊では暴動を鎮圧したり、要人の警護をするといった激しい任務に就きます。隊員の階級としては一番下になるので、体力が無ければ苦労するでしょう。ですが体力を持て余している人にとってはこれ以上ない警察官の職場となります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職