議長の仕事とは?会議で任命された際に知っておくべき役割

会議, 議長

議長の仕事とは?

Business 723480 640

社会人になると、会議が頻繁にあります。皆それぞれが仕事を抱えていますので、それほど会議を楽しみにしている人というのは多くありません。できれば、すんなり終って欲しいと思っている人が多いのではないでしょうか。

議長の仕事としては、なによりも手際よく会議をすすることが大切です。

議長の役割として一番大切なのはテキパキとした進行

議長の仕事には、会議全体の進行役を務めるという役割もあります。活発に意見が出る会議であれば、適度なところで意見をまとめ先へ進めなければ、会議がどんどん長引いてしまいますし、意見が出ない会議で、いつまでも参加者の発言を待っていると、やはり会議が進まない上にどんよりとした空気になってしまいます。

議長の役割を把握して、進行挨拶をしっかり行い会議をスムーズに進めましょう。

会議を始める合図をおくるのも議長の役割!

会議はまず、議長の挨拶から始まります。議長の仕事として最初に行う挨拶の流れが、会議のその後の流れを決めるといっても過言ではありません。

会議を円滑かつ手際よく進めるには、会議を開会する議長の役割である挨拶を簡潔に、かつ早めのテンポで行うと、その後の会議も自然とテンポ良く早まる可能性が高くなります。

議長の仕事である挨拶では参加者へのお礼と簡潔な自己紹介を

議長の仕事として、会議を始める前の挨拶で述べる事は、会議に集まってくれた参加者へのお礼と、簡潔な自己紹介です。

「本日はお忙しいところ、お集まりいただきありがとうございました。議長を務めさせていただきます、○○と申します、皆さま宜しくお願いします」

というように、手短に済ませましょう。最初の挨拶を終えたら、すぐに議題に入ります。変に間をあけず、どんどん詰めて進めていくと会議を手際よく進行できますよ。

もちろん会議閉会の挨拶も議長の役割として全うしよう!

さて、会議が滞りなく進行し、終了する時。議長の仕事として、閉会の挨拶も行いましょう。

閉会の挨拶で心がけたい点も開会の挨拶と同じく、会議に参加してくれた参加者へのお礼を述べ感謝の念を伝えること、そして会議を終了する事を伝える2点です。

Feedback 796135 1280

閉会の挨拶には参加者を気遣う言葉を盛り込もう

閉会の挨拶には、参加者を気遣う言葉を盛り込みましょう。

一般的な議長の挨拶としては「これにて会議を閉会します。本日は長時間に渡り、皆さまどうもありがとうございました。お疲れ様でした」というように、手短にまとめますので参考にして自分なりの挨拶を考えてみましょう。

議長の役割は会議をスムーズに進行すること!開閉の挨拶では感謝の言葉を述べるのも仕事の1つ

ここまで、会議での議長の役割や、議長の仕事について紹介してきました。

会議をテキパキと進めて手際よく終わらせるためには、開会の議長の挨拶から、テンポよく始める事が大切です。また議長として挨拶をする際は、会議に参加してくれている出席者への労わりの気持ちを伝えるようにしましょう。

注意すべきは、のんびりとした口調で長く話さない事です。完結にテンポよく話す事が求められます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス